日本三大名園>兼六園、後楽園、偕楽園

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 観光・景観


日本庭園のなかで優れたものを特に名園といいますが、そのなかでも日本三名園として知られているのは、金沢市の兼六園、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園です。

日本三名園の歴史

日本三名園というカテゴライズがいつ頃からされていたのかはわかっていませんが、文献上の初出は明治37年です。外国人向けの写真集のなかで、日本三名園として兼六園、後楽園、偕楽園が紹介されており、それぞれを雪月花に対応させての選別であるといわれています。
この日本三名園には池を中心とした池泉回遊式庭園の大名庭園のみが取り上げられ、他の形式の庭園は含まれていません。

兼六園

兼六園は石川県金沢市にあり、元は加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭です。国の特別名勝に指定されています。
江戸時代、1676年に5代藩主前田綱紀により原型がつくられ、13代藩主前田斉泰が現在の形に近い元とし、兼六園の名を定めました。明治以降に一般公開がはじまり、1876年に兼六園観光案内組合が組織され、本格的に観光利用されるようになりました。
現代では、時間を限り有料公開されています。
庭園としての兼六園は四季それぞれに趣深い表情で知られ、特に冬には樹木への雪囲いとして行われる雪吊りが冬の風物詩として知られています。また、園内の噴水は日本最古のものといわれており、ポンプを使わずに水位の高低差だけで水を噴き上げさせています。

後楽園

後楽園は岡山市北区にある庭園で、江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営されました。国の特別名勝に指定されています。
着工は1687年、一応の完成を見たのは1700年のことであり、元禄文化を代表する庭園となりました。歴代藩主の好みにより手を加えられ、現代のように芝生が植えられたのは1771年のことです。江戸時代後期には藩主が客人をもてなすために使うようになり、また日を定めての一般公開もされていました。
明治時代になると、岡山県が池田家から買い上げ、明治17年からは県庁の付属地として一般公開されるようになりました。戦時中、園内の一部が畑になったり空襲で建造物の多くが消失したり、さらに終戦後には進駐軍の宿舎になるなどしましたが、進駐軍の撤退後に岡山県の所有に戻り、2億円かけて本来の姿に修復され、1954年から有料で一般公開されるようになりました。なお、全ての修復が終了したのは1967年のことです。

偕楽園

偕楽園は茨城県水戸市にある日本庭園であり、都市公園として世界第2位の面積を持ちます。
江戸時代後期の1842年、9代藩主徳川斉昭の手により開園、藩校弘道館で学ぶ藩士の余暇休養の場として提供されました。また当時から毎月「三」と「八」のつく日には一般公開されていました。この伝統により、日本三名園で唯一入園無料となっています。ただし園内にある別荘、好文亭に関しては有料となっています。
明治時代になってから水戸市の管理に移り、1999年には県の事業により拡張されて現在の形になっています。
後楽園の特色として、梅名所であることが知られています。本園部分だけで3000本の梅が植えられており、毎年梅の季節には水戸の梅まつりが開催されています。

宿・ホテル予約の「るるぶトラベル」の公式ページです

スポンサーリンク

関連記事

日本三大名月の里>姥捨山・石山寺・桂浜

月はなぜか人を魅力する神秘的な感じが有りますよね。 夜になると夜景を楽しむためにドライブす

記事を読む

日本三大松島>陸奥の松島、天草の松島、九十九島

松島というと日本三景のひとつでもある宮城県の松島を真っ先に連想しますが、一般名詞としては松の木が

記事を読む

日本三大秘境>白川郷、祖谷山、椎葉村

秘境というのは、人里離れた山奥など到達するのが困難な場所で、人も少ない地域のことをいいます。

記事を読む

日本三大名山>富士山、立山、白山

日本列島は山がちな地形と山岳信仰があったこともあり、日本人は山へ深く思いをよせてきました。 そ

記事を読む

日本三大三景>松島、天橋立、宮島

日本三景とは古くから知られているみっつの景勝地のことで、松島、天橋立、宮島のことをいいます。

記事を読む

日本三大急流>最上川、富士川、球磨川

日本列島は山の多い地形のため、流れの速い川が多く存在しているのが特徴です。 こうした川が長い年

記事を読む

日本三大名橋>日本橋、錦帯橋、眼鏡橋

日本には独特な建築物が多数ありますが、とくに知名度が高い橋のうち3つを、日本三大名橋といいます。

記事を読む

日本三大人工美林>天竜杉、吉野杉、尾鷲ヒノキ

日本は山の多い地形のため、林業が盛んに行なわれていました。 天然の森林を利用するだけではなく植

記事を読む

日本三大夜桜>高田城跡公園・弘前公園・上野公園

昼に観る桜も良いけど、夜にライトアップされた夜桜を観るのもなかなか乙なものだと思いませんか?

記事を読む

日本三大美林>青森ヒバ、木曽ヒノキ、秋田スギ

日本列島は面積に占める山地の割合が高い地形をしており、山深い地域では未だに手つかずな原生林が残っ

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑