暮らすように楽しむシェムリアップ

公開日: : 最終更新日:2019/11/01 アジア


暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシェムリアップは、世界中から観光客が集まる観光都市。
しかもナイトライフを楽しみに来る欧米人が圧倒的に多いので、深夜12時でも家族連れや一人旅のバッグパッカーなど、大勢の人で盛り上がります。
遺跡観光からちょっと目先を変えて、暮らすようにカンボジアを楽しんでみませんか?

生活必需品は100均で


シェムリアップには日本の100円均一ショップもあります。こちらのMI-Aというショップでは、日本の「セリア」の商品を扱っており、日本国内の100円均一ショップと同じ品ぞろえです。しかし輸入品のため、価格は2倍で、ひとつ2ドル均一です。
でも、うっかり忘れてしまった旅行用具を調達するには非常に便利なお店です。

移動手段


シェムリアップではトゥクトゥクが移動手段となりますが、近くて1ドル、少し遠いと2ドル、3ドルとかかるので、1日の交通費が意外とかかります。
レストランでチャーハン1ドルの国で、ちょっと移動して1ドルというのは、いかに高いか想像がつくでしょう。
そこでレンタサイクルの利用をおすすめします。
一番安くて古いものが1日1ドル、しっかりしたマウンテンバイクが6ドルくらいです。
坂がなく平坦な道が続くシェムリアップ市内では、自転車で移動するのはそれほど苦になりません。
レンタルバイクもありますが、カンボジアではカンボジア国内の教習所で取った免許のみが有効で、国際免許は使えません。よって、無免許運転となるので、警察に見つかると罰金を取られますので、ご注意を。

配車アプリは必需品

交通ルールが整っておらず、無謀な運転をする人が多いシェムリアップで、車道を自転車で走るのは不安という人も多いでしょう。
トゥクトゥクで移動するなら、PassAppというアプリは必需品です。プノンペンではGRABも普及していますが、シェムリアップでは圧倒的にPassAppに加入しているドライバーの方が多いです。
PassAppを使えば、シェムリアップ中心部はほぼ1ドルで移動できますが、トゥクトゥクと直接交渉すると2~3ドルかかる場合が多いので、PassAppでトゥクトゥクを呼ぶことをおすすめします。
また、トゥクトゥクに忘れ物をしてしまった時でも、PassAppを使っていればドライバーの電話番号が分かるので、すぐにドライバーと連絡を取ることができます。

さとうきびジュース


日本ではめったに見かけないさとうきび。竹のように見えるのは、さとうきびです。
これを左側の圧搾機に入れて押しつぶすと、甘い汁が出てきます。
さとうきびから砂糖を作ることができるくらいですから、この汁はものすごく甘く、氷水で割って飲みますが、正直、少々青臭い砂糖水のような味。
ここにライムを絞って入れればグッと美味しくなるのに・・・と思いつつ、地元の人の気分で、この甘いさとうきびジュースを飲んでみましょう。
シェムリアップ市内中心部だと1杯0.5ドル、郊外に行くと0.25ドルです。

また、ココナツジュースも混ざりものなしの、本物のココナツジュースを1ドルで味わうことができます。
リヤカーに積んだココナツから好きなものを選び、ナタで飲み口を開けてもらいます。ストローを差し込んで飲むと、天然のジュースがたっぷり!
量が多い上に、持ち歩くには重いので、2人でシェアするとちょうどいいかもしれません。

病気やケガをしたら?

後進国に滞在中に具合が悪くなると、とても不安になりますね。でもそんな時でも安心。
在住外国人御用達のロイヤルアンコールホスピタルという総合病院があり、こちらはシェムリアップで一番豪華で医療技術的にも安心な病院です。
ロイヤルアンコールホスピタルはタイのバンコク病院(政治家や富裕層が利用する病院です)のブランチとなっていて、医師や看護師のほとんどは、タイのバンコク病院から派遣されているので、医療技術はタイとほぼ同レベルです。
病院内は豪華でホテルのよう。空港からシェムリアップ市内に行く時に見える、大きな病院です。
ただし、海外旅行保険に入っていないとかなり高額なので、まずは保険会社に電話して「これからロイヤルアンコールホスピタルに行きたい」と伝えてから、キャッシュレスで受診できるか確認してから行って下さいね。
クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合には、そのクレジットカードがどこの保険会社と提携しているか調べ(VISAカードなら三井住友海上が多いです。)、東京の保険会社に電話をして下さい。クレジットカードの会社に電話すると、少々時間がかかるので、国際電話の料金がかかってしまいます。クレジットカードが提携している保険会社の日本の連絡先電話番号を、メモしておくと安心です。

歯が痛くなったらマスターデンタルクリニックへ


旅行中に急に歯が痛くなったら!?ほとんどの人は痛み止めを飲んで、帰国まで我慢することでしょう。
しかしこちらのマスターデンタルクリニックは、シェムリアップ在住の日本人をはじめ、在住外国人御用達なので、安心です。
筆者はこちらで虫歯の治療をしたことがありますが、虫歯は海外旅行保険の適用外。それでも日本よりかなり安かったです。
銀歯の中に虫歯ができてしまったので、銀歯をはずし、虫歯を治療して、セラミックのクラウンをかぶせて150ドル(約16,500円)
。日本ではセラミックは保険が効かないので、歯科医によって6万円から10万円はするでしょう。
勇気のある方はチャレンジしてみて下さい。
虫歯の治療と同時に歯型をとって、1週間後にセラミックのクラウンをかぶせて完了です。

合鍵作り


街角でよく見かける合鍵作り屋さん。ほんの2~3分で合鍵を作ってくれます。
「そういえば、家の合鍵を作ろうと思っていたんだよな・・・」という方はこちらで作ってみてはいかがでしょう。2~3ドルで作ってくれます。
また、時計の電池交換も安いですが、時計を預けたら、その場から動かないように。預けっぱなしにするのは少々危険です。
というのは、盗まれるというよりも、屋台なので、翌日営業しているかどうか分からないし、営業時間もその日によってまちまちだからです。
すぐに終わりますので、その場で待っていた方が安心です。

ヨガと瞑想

シェムリアップは欧米からのナチュラリストが多く訪れる街ですが、観光地のため1年中 騒がしく、「静かな場所で落ち着きたい」と思う人も非常に多いです。
そのため、ヨガと瞑想のワークショップを開いている団体やショップがあり、観光客でも1日だけでも気軽に参加することができます。
参加しているのは主に在住欧米人が多いですが、簡単な英語さえ話せればOK!
目の回るような毎日を過ごしている方は、ぜひヨガや瞑想でのリラックスをおすすめします。
ゲストハウスやホテルのレセプションにパンフレットが置いてあるので、時間や料金を勘案して参加してみてはどうでしょう。

祝日に注意!


これからカンボジアに行こうと思っている方はカンボジアの祝日にお気を付け下さい。
タイ、ラオス、カンボジアなどの東南アジアには仏教的祝日があり、仏教的祝日は旧暦で決まっているので、日にちが毎年変わります。
2019年は、9月27日から29日がカンボジアのお盆、プチュン・バンです。
この時期はお店を閉めて実家に帰る人が多いので、日本のシルバーウィークを利用してシェムリアップ旅行を計画している人はご注意を!
とくに、家族経営のローカルな食堂やカンダルビレッジのお店は閉まっていることが多いです。
カンボジアの祝祭日に気を付けながら、旅を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

ニュージーランド北島で絶対行きたい観光地6選

ニュージーランド北島で絶対行きたい観光地6選 Kia ora! これはマリオ語でこんにち

記事を読む

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。会社や友達へのお土産はもちろん

記事を読む

アンコールワットだけじゃない!シェムリアップの楽しみ方

パッケージツアーでアンコールワットを観にカンボジアのシェムリアップに行ったら、フリータイムはどう

記事を読む

【ベトナム】ダナンから3都市めぐりと天国の洞窟

ベトナムのビーチリゾート・ダナンは成田と関空から直行便が出ているので、アクセス便利。 今回はダ

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に一番人気なのはマンダレーではな

記事を読む

アンコールワット見学後は夜遊び!街に繰り出そう! 

シェムリアップはナイトライフを楽しんでこそ、充実したステイができる街です。 欧米人観光客は、暑

記事を読む

ニュージーランド南島で絶対行きたい観光地6選

ニュージーランド南島で絶対行きたい観光地6選 ニュージーランドへ行くと必ずKiwiという言葉を

記事を読む

アンコールワットの街・シェムリアップのイベント

シェムリアップと言えば、アンコール遺跡を見学する時に滞在する街ですが、カンボジア人にとっての娯楽

記事を読む

首都デリーから近い北インドの定番の観光地をご紹介

インドは今経済成長が素晴らしく世界からも注目されている国で観光客だけでなく赴任者やインドへ留

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に

暮らすように楽しむシェムリアップ

暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシ

魅惑の中東イスラエルの国情報や有名な観光地、旅のTIPSをご紹介

魅惑の中東イスラエル旅行 イスラエルに旅行なんて治安は大丈夫?と

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。

行く先々で感動を与えてくれる国イランの魅力を解剖!

イランの魅力を解剖! 制限が多くて旅行が大変そう!なんか怖い!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑