日本三大名橋>日本橋、錦帯橋、眼鏡橋

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 観光・景観


日本には独特な建築物が多数ありますが、とくに知名度が高い橋のうち3つを、日本三大名橋といいます。
どの橋を三大名橋とするかについては諸説あるのですが、多くの場合は日本橋、錦帯橋、眼鏡橋が挙げられています。

東京・日本橋

日本橋は、東京都中央区の日本橋川にかかる橋です。周辺の地名にもなっていることのみならず、日本における道路の始点となっていることで知られています。

日本橋は現代のものが19代目といわれており、初代は1603年に徳川家康により建設されました。
日本全国の道路網整備計画の一環としてかけられたもので、1604年には主要街道の始点と定められました。
江戸時代は木造の橋であり、明治まで10回焼け落ちています。

明治時代になり石造りの橋となり、1911年には現在の形である石造り二連アーチ橋となりました。
1999年に国の重要文化財に指定されています。
現代でも、主要国道の始点となっており道路元標が橋の中央に埋め込まれています。

真上に首都高速が通っていることなどから、見栄えが良くないとして首都高を移転させるプランなどが持ち上がっていますが実現は非現実的であり、観光地としてはあまり適していないのが現状です。

山口・錦帯橋

錦帯橋は、山口県岩国市の錦川にかかっている、木造アーチ橋です。
眼鏡橋は、江戸時代にかけられたものです。岩国の領主となった吉川広家が岩国城を築城し、城下町と城と繋ぐために錦川に橋をかけましたが、錦川は頻繁に洪水を起こすため、橋はたびたび流失していました。

そのため、三代領主吉川広嘉が洪水にでも流されない橋をつくろうと考えます。江戸時代には橋台を設置するには困難な川に対し、刎橋という吊橋とは逆に下から橋桁を支える構造の橋がつくられていました。
しかしながら、橋をかける場所は川幅が30メートルのため刎橋をかけるのは不可能でした。

万策尽きたかに思われましたが、広嘉は中国に島づたいにアーチ橋をかけた例があることを知り、そのアイディアをもとに5連アーチ構造の橋をつくることになりました。
こうして1673年に錦帯橋が完成、翌年に流失するも改修を加え、以後250年以上のあいだは形を留めていました。

しかしながら、1950年に台風により錦帯橋は完全に流失します。
原因としては、戦中のため補修がなされていなかったこと、川底から砂利が採取されたため川床の地形が変わってしまっていたことが挙げられています。現代の錦帯橋は、1953年に再建されたものとなっています。

長崎・眼鏡橋

眼鏡橋は、長崎市の中島川にかかる石造二連アーチ橋で、ほかの眼鏡橋と区別するために、長崎眼鏡橋とも呼ばれます。日本本土初の石造アーチ橋となり、琉球王国のものだった天女橋を加えると日本で二番目となります。

眼鏡橋は1634年、興福寺の住職であった黙子如定により架けられました。
1648年の洪水で流出してしまいますが、その後に修復され水害に耐えてきました。1982年には長崎大水害で半分損壊しましたが流失は免れました。
このとき、修復ついでに部分解体調査が行われ、江戸期の遺構に合わせた修復がなされています。

宿・ホテル予約の「るるぶトラベル」の公式ページです

スポンサーリンク

関連記事

日本三大鍾乳洞>竜泉洞、秋芳洞、龍河洞

鍾乳洞は石灰岩の地層が水により侵食されてできた洞窟のことです。 単純に洞窟であるだけでなく、水

記事を読む

日本三大名園>兼六園、後楽園、偕楽園

日本庭園のなかで優れたものを特に名園といいますが、そのなかでも日本三名園として知られているのは、

記事を読む

日本三大急流>最上川、富士川、球磨川

日本列島は山の多い地形のため、流れの速い川が多く存在しているのが特徴です。 こうした川が長い年

記事を読む

日本三大彦山>弥彦山、英彦山、雪彦山

日本の山のなかには、山伏が山岳信仰を行なう修験道の拠点とされてきたものがいくつもあります。そうし

記事を読む

日本三大夜景>函館山、六甲山、稲佐山

夜景は、観光スポットの定番としてよく引き合いに出されます。日本各地には夜景の美しさをアピールして

記事を読む

日本三大紅葉の里>日光・嵐山・耶馬渓

秋になると、他の季節とはちが山が色とりどりになりますね。 枯れゆく葉を見るとセンチメンタル

記事を読む

日本三大秘境>白川郷、祖谷山、椎葉村

秘境というのは、人里離れた山奥など到達するのが困難な場所で、人も少ない地域のことをいいます。

記事を読む

日本三大美林>青森ヒバ、木曽ヒノキ、秋田スギ

日本列島は面積に占める山地の割合が高い地形をしており、山深い地域では未だに手つかずな原生林が残っ

記事を読む

日本三大古道>熊野古道、奥の細道、中仙道

日本国内には三大○○が数多く存在しています。「古道」にも日本三大はあり、三大に含まれているのは「

記事を読む

日本三大盛り場>浅草、新京極通、千日前

大都市には繁華街や盛り場がつきものですが、日本を代表する盛り場として、日本三大盛り場というものが

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑