日本三大人工美林>天竜杉、吉野杉、尾鷲ヒノキ

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 観光・景観


日本は山の多い地形のため、林業が盛んに行なわれていました。
天然の森林を利用するだけではなく植林などで人工的に形成された森林も多く、そうした森林のうちとりわけ立派で質のいい材木が取れるものを、日本三大人工美林としています。
人工林の特徴としては、天然林よりも2倍早く成長するため、建材としてよく使われるスギ、松、ヒノキが多いことがあげられます。

静岡・天竜杉

天竜杉は、天竜川流域の山間部に植林された杉林のことです。
天竜川は暴れ川であり、流域に頻繁な洪水をもたらしてきました。
現在でも、まとまった雨が降るたびにJR東海道線が遅延または運休するくらいであるため、昔はもっとひどかったことが想像できるでしょう。

天竜川の近代的な治水工事は明治時代に入ってから実業家である金原明善によって基礎がつくられました。
その過程で、荒れていた山間部の治水のためにスギが植林され、天竜杉の基礎となりました。これが、治水だけでなく林業のはじまりともなりました。

奈良・吉野杉

吉野杉は奈良県中南部の吉野林業地帯で産出される杉であり、国産材の高級ブランド材のひとつです。
吉野林業地帯の特徴は、ヘリコプターでの材木の運搬が行なわれるほどの斜面の多さと、木が過密に植えられた超密植であることです。室町時代末期から造林が行なわれ、豊臣秀吉による建設事業により多くの材木が搬出されるようになりました。

江戸時代には幕府の直轄地となり、江戸中期からは酒樽に用いられる材木の生産が盛んになりました。
代々間伐により育てられた森は「250年の森」として、森林セラピースポットとしても人気です。

材木としての吉野杉は、年輪幅が狭く節がなく色目が良いことから用材として高く評価されています。
加工しやすいものの乾燥により割れたり歪んだりしやすいため、高級家具ではなく身のまわりのものに使われます。

三重・尾鷲ヒノキ

尾鷲ヒノキは、三重県南部の熊野灘に面する尾鷲市で産出されるヒノキです。
尾鷲市は面積の90%が山林であり、国内でも降水量が多い地域であることから木が育ちやすく、江戸時代から林業の町として栄えてきました。

スポンサーリンク

関連記事

日本三大巨桜>三春滝桜、薄墨桜、神代桜

日本の花見は奈良時代の貴族の行事が起源だと言われている事知っていましたか? 今も昔も時代は

記事を読む

日本三大鍾乳洞>竜泉洞、秋芳洞、龍河洞

鍾乳洞は石灰岩の地層が水により侵食されてできた洞窟のことです。 単純に洞窟であるだけでなく、水

記事を読む

日本三大名橋>日本橋、錦帯橋、眼鏡橋

日本には独特な建築物が多数ありますが、とくに知名度が高い橋のうち3つを、日本三大名橋といいます。

記事を読む

日本三大三景>松島、天橋立、宮島

日本三景とは古くから知られているみっつの景勝地のことで、松島、天橋立、宮島のことをいいます。

記事を読む

日本三大松原>三保の松原、気比松原、虹の松原

松の樹は、比較的タフな樹木として知られており、ほかの樹では生育できないような砂や岩だらけの荒れ地

記事を読む

日本三大松島>陸奥の松島、天草の松島、九十九島

松島というと日本三景のひとつでもある宮城県の松島を真っ先に連想しますが、一般名詞としては松の木が

記事を読む

日本三大紅葉の里>日光・嵐山・耶馬渓

秋になると、他の季節とはちが山が色とりどりになりますね。 枯れゆく葉を見るとセンチメンタル

記事を読む

鯨の潮吹きやジャンプが見てみたい!おススメのホエールウオッチングはここだ!

雄大な自然を肌で感じられる遊びといえば、やはり海でのレジャーではないでしょうか。 中でも、ダイ

記事を読む

日本三大彦山>弥彦山、英彦山、雪彦山

日本の山のなかには、山伏が山岳信仰を行なう修験道の拠点とされてきたものがいくつもあります。そうし

記事を読む

日本三大秘境>白川郷、祖谷山、椎葉村

秘境というのは、人里離れた山奥など到達するのが困難な場所で、人も少ない地域のことをいいます。

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑