日本三大トンネル>関越トンネル、恵那山トンネル、新神戸トンネル

公開日: : 最終更新日:2016/09/01 関東地方


日本三大トンネルに名を連ねているのは関越道の「関越(かんえつ)トンネル」、中央道の「恵那山(えなさん)トンネル」のほか「新神戸(しんこうべ)トンネル」です。
個々のトンネルの特徴を以下に掲載していますので、興味のある方は内容をチェックしてみてください。

関越道・関越トンネル

関越自動車道の関越トンネルは、群馬県と新潟県の県境にある谷川岳を貫通しています。
開通したのは上りが1991年、下りが1985年で、全長は上りが11,055メートル、下りは10,926メートルあり、道路トンネルとしてはトップの山手トンネルの次に長いです。
なお、海外のトンネルを含めてみても長く、全長は世界で16位です。
また、日本国内だけで見ても、山岳道路トンネルのランキングでは一番長いです。

中央道・恵那山トンネル

中央自動車道の恵那山トンネルは園原IC〜中津川IC間に存在し、長野県と岐阜県を繋いでいます。
開通は1期と2期があり、1期は1975年、2期は1985年です。
全長は上りが8,650メートル、下りが8,490メートルと長く、1期の開通当初は日本国内の道路トンネルのなかで最長でした。
しかしながら、いまは山手トンネルや関越トンネルなどに全長は負けており、日本では5位の長さにランクインしています。
なお、3位は飛騨トンネル、4位はアクアトンネルです。

阪神高速道路・新神戸トンネル

阪神高速道路の新神戸トンネルは正式には阪神高速32号新神戸トンネルといい、開通したのは1976年のことです。
兵庫県神戸市中央区雲井通〜神戸市北区山田町を繋いでいるトンネルです。
2本のトンネルで構成されており、北行の新神戸トンネルと南行の第2新神戸トンネルが貫通しています。
長さはトンネル部分だけで北行が7.9キロメートル、南行が8.1キロメートルあります。
市区町村道トンネルとしては、日本一の距離を誇っています。
また、新神戸トンネルは自動車専用道路ではありません。
50cc超125cc以下の小型自動二輪(原付二種)が通ることが認められています。

スポンサーリンク

関連記事

夏の風物詩 全国の花火大会【関東編】

花火大会の有料席を購入しない場合、いかに穴場スポットを見つけるかが重要になります。 そんな時に

記事を読む

日本三大松>奥州日の出の松、羽衣の松、高砂の松

松というと日本人にとってなじみ深い木ですが、松の名所として人気のスポットになっているところがある

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>千葉県

名所編 千葉県は「花と海 心やすらぐ千葉の旅」と唱われているほど、県内には九十九里浜を有する海の魅

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>神奈川県小田原市

名所編 小田原は神奈川県の西部にあり、森林、山間、海に囲まれた地域です。 名所観光スポットの

記事を読む

富士山本宮浅間大社と富士宮のB級グルメを味わう【富士山に出会う旅】

富士宮市にある「富士山本宮浅間大社」。この大社は、全国に1,300以上あると言われる浅間神社の総

記事を読む

山中湖周辺の楽しみ方【富士山に出会う旅】

山中湖は、豊かな自然に囲まれた富士山の麓の湖です。湖は、富士五湖の中でも富士山に一番近くに位置し

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>茨城県鹿嶋市

名所編 市内の東側を太平洋に面している自然豊かな鹿嶋市には、東国三社のひとつの鹿島神宮が、そし

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>山梨県甲府市

名所編 山梨県甲府と言えば、武田信玄ゆかりの場所です。今回は信玄公ゆかりのスポットと自然の造形

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>埼玉県

名所編 埼玉県は、関東平野のほぼ中央に位置し、1都6県に囲まれている内陸県です。 東京に隣接

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>群馬県

名所編 群馬県は、たくさんの温泉地があることから湯治で過ごしたり、赤城山や碓氷峠など四季折々の

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

名所・グルメに出会う旅>青森県八戸市

名所編 八戸市は、太平洋に面した青森県の南東部に位置しており、涼

名所・グルメに出会う旅>石川県加賀市

名所編 福井県と石川県の県境に近い加賀市は、古くから名湯の地とし

名所・グルメに出会う旅>佐賀県唐津市

名所編 佐賀県の唐津は、そのシンボル的存在である唐津城のそのもと

→もっと見る

PAGE TOP ↑