オランダ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいオランダ語

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 ヨーロッパ


オランダの公用語はオランダ語ですが、国民の多くが英語を話せることで有名です。英語が通じやすい環境なので、現地語が分からなくても旅行しやすい国のひとつに挙げられます。
しかし、知っておくと役立つオランダ語があるのも事実です。オランダの公共交通機関は、オランダ語のアナウンス・表記のみで英語には対応していないものが多いです。英語を話せる人が多いものの、なるべくオランダ語でやり取りができた方が好感度が高いです。そこで、今回は知っておくと役立つ、オランダ語を紹介いたします。

Hoi!(ホイ!)/Dog!(ダーハ!)

Hoiが「やあ!」、Dogが「じゃあね!」という意味です。お店の出入りの際や、気軽に使う挨拶です。もちろん「Hello」でも挨拶にはなりますが、せっかくだから現地語で挨拶してみたいもの。オランダ気分をもっと味わうこともできます。

Dank u wel(ダンキューヴェル)

「ありがとう」という意味です。道を教えてくれたり、写真を撮ってくれたり…旅行中に困難やトラブルはつきものですが、同時に感謝する場面もたくさんあります。そんな時に現地語でお礼が言えたら、より一層気持ちが伝わること間違いありません。

Ja(ヤー)/Nee(ネイ)

Jaが「はい」、Neeが「いいえ」という意味です。このようなはっきりとした意思表示は大切です。

Lekker(レカー)

「おいしい」という意味です。旅行においしいグルメは外せません。おいしいものに出会ったら、素直に「おいしい」と言いましょう。おいしいという言葉と、おいしそうに食べる様子は、一緒にいる人みんなを幸せにします。お店の人も喜んでくれること間違いありません。

Rijdt niet

これは「動いていません。運休です」といったニュアンスの言葉です。運行状況を知らせる駅のモニターに、この文字があったらご注意を。その列車は、何かしらの理由で運休です。その列車自体が運休という場合もあれば、とある駅以降は運休という場合もあります。オランダの駅のアナウンスは日本と違って聞き取りづらいです。加えて、英語での案内もありません。目的地へ向かう列車にこの表示がある場合は、すぐにインフォメーションで情報収集をしましょう。バスやトラムなど代替案を提示してくれることもあります。しかし、列車以外の選択肢がない場合、駅でずっと待ちぼうけしなければならないことも。私は、アムステルダム中央駅からデン・ハーグに行こうとしたとき、デン・ハーグに停車する列車が軒並み運休で、1時間以上待ちぼうけをくらいました。滞在日数が限られていると、この時間ロスは痛いです。長く待ちぼうけをくらいそうな場合は、行き先やプランの変更も頭に入れておきましょう。

ライター:カジヤマ シオリ
日本国内外で、美術館巡りの旅をするトラベルライターです。ヨーロッパは5か国訪れています。心はオランダと広島においてきぼり。
ブログURL: http://fanblogs.jp/gotuabroad/

スポンサーリンク

関連記事

コソボって知ってます?今後のコソボの発展から目が離せない

コソボと聞いて何を思い浮かべるだろうか。 だいたいの人はコソボ紛争という言葉を思い浮かべるだろ

記事を読む

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅 アイルランドと聞くとまず先に

記事を読む

日本人の知らない親日国マケドニア

今日はマケドニアのワイナリーに来ている。 いつもこのマケドニアを訪問することが多いのだが、その

記事を読む

陸路でヨーロッパへ行くことは可能でしょうか

飛行機でビューンと飛んでヨーロッパへ行くのは簡単ですが、ユーラシア大陸を横断して陸路でヨーロッパ

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!デルフト観光のススメ

前回は、ミッフィーが生まれた街、ユトレヒトを紹介いたしました。今回はオランダの古都、デルフトをご

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ザーンセ・スカンス観光のススメ

前回は、画家フェルメールゆかりの地、デルフトを紹介しました。今回は、ザーンセ・スカンスをご紹介し

記事を読む

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょうか。 乗継までに時間の余裕が

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ハールレム観光のススメ

前回は、オランダ第3の都市、デン・ハーグを紹介いたしました。今回は、デン・ハーグよりはこぢんまり

記事を読む

ドイツ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいドイツ語

前回は、オランダ旅行の時に覚えておきたいオランダ語を紹介しました。今回はドイツ語を紹介します。

記事を読む

イタリア旅行で駐禁をとられ、足の指を骨折した話

先週末、日本に留学していたイタリア人の友人(24歳)を訪ねてイタリアのベローナへ3泊4日で一人で

記事を読む

アンコールワット見学後は夜遊び!街に繰り出そう! 

シェムリアップはナイトライフを楽しんでこそ、充実したステイができる

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょう

アンコールワットだけじゃない!シェムリアップの楽しみ方

パッケージツアーでアンコールワットを観にカンボジアのシェムリアップ

【ロマンチック街道】チェコからドイツへ電車の旅

日本からドバイ経由でプラハへ 日本からプラハまでは航空券が高いで

ぺルーで1番エキサイティングな場所ワカチナを紹介!

幻のオアシスはペルーに実在していた?! ロマンティックでスリルな

→もっと見る

PAGE TOP ↑