コソボって知ってます?今後のコソボの発展から目が離せない

公開日: : 最終更新日:2016/09/03 ヨーロッパ


コソボと聞いて何を思い浮かべるだろうか。
だいたいの人はコソボ紛争という言葉を思い浮かべるだろう。
これは西側ヨーロッパでも同じで、フランスやドイツでコソボという事を聞くと
戦争をやっていて怖いというイメージだ。
なのであまり観光客は多くない。

現在のコソボという国は現在はとても平和な国になっている。
紛争が終わったのはもう10年以上前で、2008年に独立をしてからというもの、
開発が進められ、現在ではヨーロッパでも類を見ない大規模高層ビルが建てられていたり、
アメリカの出資による高速道路などの大規模インフラ建設が行われている。
空港も飛行機のハンガーを改造したような古い空港が長い間使われていたが、
去年よりトルコの会社によって新しい空港ターミナルが使われるようになった。

現在でもコソボは5000人規模の米軍が駐留している。
戦争が終わった今ではバルカン半島を監視する部隊として駐留を続けている。
今でもたまにセルビア系住民とアルバニア系住民の小競り合いが起きることがあるが、
国連軍やアメリカをはじめとする多国籍軍が駐留していることもあって、
大きな争いになることは全くといっていいほどない。

戦争が終わった国というのは日本やアメリカがそうであったようにベビーブームなどで若い人が多く、ヨーロッパでも有数の若年層を多く有する国として存在している。まだまだ失業率は高いが、将来的にはこの国は西側ヨーロッパに取り込まれ、クロアチアやスロベニアのような国になっていくのだと考えられる。

その点でこれだけ可能性のある国というのも珍しい。特にその立地のよさだけを考えても、陸路でイタリア、オーストリア、ドイツ、ギリシャ、トルコなどへのアクセスも抜群で投資に値する。

その安い人件費も手伝って、ヨーロッパの生産拠点として使われていくのも時間の問題かもしれない。なぜなら中国、トルコともに人件費の高騰には困っており、中国の企業ですらももっと安い国を探しているからだ。

今後のコソボの発展から目が離せない。

スポンサーリンク

関連記事

陸路でヨーロッパへ行くことは可能でしょうか

飛行機でビューンと飛んでヨーロッパへ行くのは簡単ですが、ユーラシア大陸を横断して陸路でヨーロッパ

記事を読む

バルカン半島の楽しみ方

バルカン半島はヨーロッパの南東部にあって、イタリアの東にある半島だ。 半島といってもかなり大き

記事を読む

イタリア旅行で駐禁をとられ、足の指を骨折した話

先週末、日本に留学していたイタリア人の友人(24歳)を訪ねてイタリアのベローナへ3泊4日で一人で

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!デルフト観光のススメ

前回は、ミッフィーが生まれた街、ユトレヒトを紹介いたしました。今回はオランダの古都、デルフトをご

記事を読む

ドイツ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいドイツ語

前回は、オランダ旅行の時に覚えておきたいオランダ語を紹介しました。今回はドイツ語を紹介します。

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ザーンセ・スカンス観光のススメ

前回は、画家フェルメールゆかりの地、デルフトを紹介しました。今回は、ザーンセ・スカンスをご紹介し

記事を読む

アムステルダムに久々に来て思う事

今日はオランダのアムステルダムに来ている。 いつも首都のアムステルダムの空港に降り立つ度に、こ

記事を読む

気軽にパクリ!地元っこに混じって食べたい、オランダのスナック5選

オランダの楽しい街歩きに欠かせないのが、片手で食べることのできるスナック。オランダのあちこちに、

記事を読む

オランダ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいオランダ語

オランダの公用語はオランダ語ですが、国民の多くが英語を話せることで有名です。英語が通じやすい環境

記事を読む

日本人の知らない親日国マケドニア

今日はマケドニアのワイナリーに来ている。 いつもこのマケドニアを訪問することが多いのだが、その

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

名所・グルメに出会う旅>青森県八戸市

名所編 八戸市は、太平洋に面した青森県の南東部に位置しており、涼

名所・グルメに出会う旅>石川県加賀市

名所編 福井県と石川県の県境に近い加賀市は、古くから名湯の地とし

名所・グルメに出会う旅>佐賀県唐津市

名所編 佐賀県の唐津は、そのシンボル的存在である唐津城のそのもと

→もっと見る

PAGE TOP ↑