アムステルダムから日帰り旅行!デルフト観光のススメ

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 ヨーロッパ


前回は、ミッフィーが生まれた街、ユトレヒトを紹介いたしました。今回はオランダの古都、デルフトをご紹介します。アムステルダムから電車で1時間弱の場所にあり、デン・ハーグからも電車で約20分ほどのところにあります。デン・ハーグからならトラムで訪れることもできます。

デルフト基本情報

デルフトは、デン・ハーグの南隣にあります。歴史は12世紀までさかのぼり、当時のオラニエ公ウィレム1世がこの土地に住んだことから始まります。15世紀には火薬庫の大規模な爆発があり、街の4分の1が破壊されました。16世紀から現在まで、中国の陶磁器や伊万里焼の影響を受けたデルフト焼が生産されています。世界中にファンがいる、画家ヨハネス・フェルメールもこの土地で生まれ育っています。こぢんまりとはしていますが、風情あるかわいらしい街です。水路が張り巡らされた景色を見ながら、自転車での観光も楽しめます。

おすすめ観光スポット①:マルクト広場

デルフト観光の拠点におすすめの場所です。広場に面して、おしゃれなカフェやショップが並びます。フェルメールが洗礼を受け、オラニエ公1世が葬られた新教会もこの広場に面しています。17世紀に建てられたデルフトのランドマーク的存在、市庁舎もこちらにあります。歴史的な建物に囲まれた、デルフトの歴史を感じることができる広場です。おみやげを探せるショップもこの広場周辺に集まっています。
アクセス:デルフト中央駅から徒歩10分

おすすめ観光スポット②:フェルメール・センター

マルクト広場から道路を挟んですぐのところにあります。デルフトで生まれ育ち、世界的な人気を誇る画家、ヨハネス・フェルメールのミュージアムです。オランダを代表するような画家とあり、日々世界中からファンが訪れています。館内では、フェルメールのたどった歴史、作品の秘密や画法が解説されています。フェルメール作品すべてを原寸大で複製・再現したフロアもあります。館内は英語またはオランダによる解説ですが、音声ガイドは他の言語もあります。受付で日本から来た事を伝えれば、日本語のパンフレット(返却必須)を貸し出してくれます。フェルメールファン必須のミュージアムです。
アクセス:デルフト駅から徒歩10分。マルクト広場すぐ

ライター:カジヤマ シオリ
日本国内外で、美術館巡りの旅をするトラベルライターです。ヨーロッパは5か国訪れています。心はオランダと広島においてきぼり。
ブログURL: http://fanblogs.jp/gotuabroad/

スポンサーリンク

関連記事

アムステルダムから日帰り旅行!デン・ハーグ観光のススメ

オランダの首都、アムステルダム。オランダで唯一、日本から直行便の飛行機が就航しているので、ここを

記事を読む

陸路でヨーロッパへ行くことは可能でしょうか

飛行機でビューンと飛んでヨーロッパへ行くのは簡単ですが、ユーラシア大陸を横断して陸路でヨーロッパ

記事を読む

オランダ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいオランダ語

オランダの公用語はオランダ語ですが、国民の多くが英語を話せることで有名です。英語が通じやすい環境

記事を読む

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅 アイルランドと聞くとまず先に

記事を読む

イタリア旅行で駐禁をとられ、足の指を骨折した話

先週末、日本に留学していたイタリア人の友人(24歳)を訪ねてイタリアのベローナへ3泊4日で一人で

記事を読む

コソボって知ってます?今後のコソボの発展から目が離せない

コソボと聞いて何を思い浮かべるだろうか。 だいたいの人はコソボ紛争という言葉を思い浮かべるだろ

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ハールレム観光のススメ

前回は、オランダ第3の都市、デン・ハーグを紹介いたしました。今回は、デン・ハーグよりはこぢんまり

記事を読む

【ロマンチック街道】チェコからドイツへ電車の旅

日本からドバイ経由でプラハへ 日本からプラハまでは航空券が高いですが、ドバイ経由でLCCを利用

記事を読む

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょうか。 乗継までに時間の余裕が

記事を読む

ドイツ旅行初心者必見!これだけは知っておきたいドイツ語

前回は、オランダ旅行の時に覚えておきたいオランダ語を紹介しました。今回はドイツ語を紹介します。

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に

暮らすように楽しむシェムリアップ

暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシ

魅惑の中東イスラエルの国情報や有名な観光地、旅のTIPSをご紹介

魅惑の中東イスラエル旅行 イスラエルに旅行なんて治安は大丈夫?と

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。

行く先々で感動を与えてくれる国イランの魅力を解剖!

イランの魅力を解剖! 制限が多くて旅行が大変そう!なんか怖い!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑