【世界一美しいモスク】ドバイからバスで行くアブダビの旅

公開日: : 最終更新日:2019/09/05 中東


ドバイは世界有数の観光地ですが、そのお隣りのアブダビには「世界一美しいモスク」と呼ばれるモスクがあります。
ドバイに行くなら、アブダビにも寄ることをおすすめします。

アブダビとは

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates略してUAE)の中の首長国のひとつです。
UAEにはドバイ、アブダビ、シャールジャ、フジャイラなど7つの国があり、アブダビはその首都です。
ドバイに比べてアブダビは観光客も少なく、静かで、物価も安く、敬虔なイスラム教徒が多いので治安も良いです。
そしてドバイよりも少し物価が安いのも嬉しいところです。とはいえ、中心部には高いタワーが並び、ドバイ同様にとても豪華な街です。

まずはドバイへ

ドバイ空港からタクシーでホテルへ向かいます。中心地までは約30分。
タクシーの料金は日本の半額程度なので、気軽にタクシーを利用できます。
おすすめのホテルはロンドンクラウンホテルです。
ロンドンクラウンホテル1、ロンドンクラウンホテル2と同じ名前のホテルが3軒あるので間違えないように注意して下さいね。

ブルジュマンセンター駅4番出口から見える青いガラス張りのビルが、ホテルです。
駅から見えるほど近いので、灼熱の街を歩かずに済みます。
そしてブルジュマンセンター駅はドバイメトロのグリーンラインとレッドラインの両方が乗り入れている駅なので移動に便利なうえ、「世界一美しい駅」と言われているほど豪華なのです。

ドバイメトロは、路線ごとに色分けされていて、各駅に番号がついてるのでとても分かりやすいです。
駅名を覚えていなくても、番号さえ覚えていれば大丈夫。そして車内アナウンスの英語も聞き取りやすいです。

ドバイ観光


灼熱のドバイは、クーラーのきいた車窓観光がおすすめ!BIG BUSのチケットを購入すると、ドバイの観光地を網羅できるので、ぜひBIG BUSでドバイの街をまわってみて下さい。
https://www.bigbustours.com/en/dubai/dubai-bus-tours?gclid=Cj0KCQjwnKHlBRDLARIsAMtMHDFL9jKPc1WMsWJ7bjoH3qOsPf202QGVpJdf-HCx5EtPH_oV6zB6HbEaAoeVEALw_wcB
BIG BUSのチケットは4種類ありますが、アブダビにも行くなら、ドバイアブダビツアーチケットを買った方がお得ですが、このチケットには、ドバイの観光の目玉である、パームアイランドが含まれていません。
パームアイランドが含まれているチケットを買うか、アブダビが含まれているチケットを買うか、迷うところです。
ドバイもアブダビも、BIG BUSのチケットは当日買うよりも、ネットで事前に買った方が割安なので、ぜひネットで購入して下さい。

ドバイモール

地下鉄ブルジュハリファ駅直結のブルジュハリファとドバイモールは、ドバイに行った誰もが行くであろう、巨大ショッピングモールです。
その大きさといったら、端から端まで急ぎ足で歩いても30分以上かかるほど。
中はクーラーが効いていますが、その広さには圧倒されます。
中には、ショーメ、デヴィアス、ヴァンクリフといった宝飾ブランドが並んでおり、100万円以上するネックレスがショーウィンドウにずらっと並んでいるので、目の保養になります。

ドバイモールの中のスキー場にはペンギンがいます。

デパート内にあるとは思えない巨大な水槽。とても大きいナポレオンフィッシュやマンタなど、水族館のような雰囲気です。

市内観光


ドバイモールからBIG BUSに乗って市内観光に出かけましょう。
2階のオープン席は眺めが素晴らしいのですが、とにかく暑いので、ほとんどの人がクーラーの効いた1階席に座っています。
BIG BUSのチケットを購入すると、博物館やアミューズメントスポットの無料クーポンがついてくるので、ほとんどの博物館は無料で入場できます。

アーブラに乗ろう


スパイススークの前で下車すると、アーブラ(渡し船)がたくさん停まっています。
アーブラはドバイの人が日常的に使う乗り物なので、観光地化されていない一面を少しだけ垣間見ることができます。
このアーブラに乗ってスパイス市場に行ってみましょう。

スパイス市場(スパイススーク)


スパイススークは完全に観光客向けなので、かなりボラれます。それでもハーブティーや香辛料は日本よりも安いです。
ただ、ここは見るだけにして、スーパーで購入した方が個包装でぼったくりの心配もないので、安心です。

パブリックビーチ


またアーブラに乗って対岸に戻ります。船着き場を降りて徒歩5分少々でアル・グバイバ駅なので、今度は駅前からBIG BUSに乗ってパブリックビーチへ向かいます。
ここは海がとてもきれいなのですが、イスラム国のためか泳いでいる人はいません。
そして、海のせいで日差しもまぶしく暑いので、次のBIG BUSが来るまで待つのがつらいくらいです。

パームジュメイラ


パームジュメイラは首長の一族など、大金持ちの家が並んでいてためいきが出るようです。近代的な家でなく、モダンアラブ風の家がとてもステキで、フォトジェニックなポイントです。

ブルジュハリファ


いよいよ世界一高いビル、ブルジュハリファに上ります。
ここは予約優先なので、行列を避けるためにネットで予約してから行くことをおすすめします。124階の展望台から見るドバイの街は、おもちゃのようです。
https://tickets.atthetop.ae/atthetop/Step0_BookingInfo.aspx

ビルが高いので細かい部部は見えませんが、カメラをズームにしてみると、豪華な建物が細部までこだわって作られているのが分かります。
また、ブルジュハリファの噴水では毎日豪華なショーをやっているので、こちらも必見。ぜひムービーに撮って観てください。

ショッピング


ブルジュハリファを堪能したら、ドバイメトロでホテルに戻ります。
ブルジュマンセンター駅を降りて徒歩3分、ホテルの向かいにある「BOLLYWOOD」というお店が面白くておすすめです。売っている商品は1AUDから10AUDで、日本の100円均一のような品揃えです。
お土産もお菓子も旅行グッズも売っているので、買い忘れたものはここで買うと便利です。

ドバイからアブダビへ


翌日はドバイからBIG BUSでアブダビに行きます。
まずは、ドバイメトロでモール オブ ザ エミレーツ駅へ。
エミレーツタワーやエミレーツモールと間違えないように注意してください。エミレーツモールからはかなり遠いです。

mall of theエミレーツ1Fのフードコートの近くの駐車場からアブダビ行のバスが出ます。
フードコートで食料を買って、トイレも済ませておきましょう。
そして、バスに乗って90分でアブダビのシェイクザイードモスクに到着です。
あまりに近くて、違う首長国に来たという実感がわきません。

世界一美しいモスク


シェイクザイードモスクは入場無料。ただし女性は肌と髪をみせないように細心の注意が必要です。
もちろん男性でもタンクトップと短パンはNGです。
ほとんどの人は、日焼け対策も兼ねて、長そで+長いパンツで見学しています。
女性の髪については、前髪と頭頂部に対しては非常に厳しく、後ろの髪は見えていても注意されないので、ショールをかぶって、前髪が出ないようにピンで止めておくことをおすすめします。

スワロフスキーで作られたシャンデリアが2つあり、非常に豪華です。
モスクを堪能したら、モスク前からBIG BUSに乗って市内中心部へ。
アブダビは非常に小さな首長国ですが、シェイクザイードモスクはアブダビ市街地の一番端にあるので、中心部までバスで30分くらいかかります。

バスツアー


ドバイ同様、非常に熱いので、バスからの車窓見学が快適です。
こんな景色の中をドライブして、途中マリーナモールで停まります。
ここはアブダビの一般市民が買い物をする場所なので、食品売り場などをのぞいてみると楽しいです。
特にカルフールで売っているパンやクッキーはとても美味しくて、アラブのパンがこんなに美味しいなんて!とビックリします。

エティハドタワーズ


ドバイのブルジュハリファに匹敵する眺めを誇る、エティハドタワーズでバスを降りて、
タワーに上ってみましょう。
こちらのタワーは、飲食する人は着席でき、タワーに上がるだけの人は座るところがありません。
景色を堪能するためにも飲食チケット込みの入場券を買った方がおとくです。
入場券を買ったら、エレベーターでタワー2の74階にあるObservation Deck at 300へ。


ぜいたくな景色を堪能しながら飲むカクテルは、最高の味です。「アブダビに来て良かった!」と思うこと、間違いなし!

ドバイへ戻ります。


翌日はドバイへ戻ります。ドバイ行きのバスチケットは購入当日のみ有効で、購入後は何時のバスでも大丈夫です。
約30分に1本出ているので、ドバイに戻る時間にメインバスステーションまで行って、チケットを購入しましょう。

アブダビからバスに乗って2時間でドバイのアル・ジャヒリヤ駅に到着。
ここからドバイメトロに乗ってドバイの旅の続きをお楽しみ下さい。

ドバイに行くなら1日はアブダビへ


アブダビはドバイと違い、豪華な割に静かで落ち着く街です。
その割に近代的なビルが立ち並び、お店も多く不便は感じません。ドバイに行ったら、ぜひアブダビまで足を延ばしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

今年の旅行はトルコに行こう

トルコのイスタンブールに来ている。 このトルコという国、日本では親日の国として知られているが実

記事を読む

旅行ではマネークリップを活用できる! その理由とは・・・?

旅行ではマネークリップを活用できる! その理由とは・・・? 私は

旅行で海水浴をする際に気をつけてもらいたいこと

旅行で海水浴をする際に気をつけてもらいたいこと 夏に向けて、海水

【世界一美しいモスク】ドバイからバスで行くアブダビの旅

ドバイは世界有数の観光地ですが、そのお隣りのアブダビには「世界一美

ニュージーランド南島で絶対行きたい観光地6選

ニュージーランド南島で絶対行きたい観光地6選 ニュージーランドへ

アンコールワット見学後は夜遊び!街に繰り出そう! 

シェムリアップはナイトライフを楽しんでこそ、充実したステイができる

→もっと見る

PAGE TOP ↑