日本人の知らない親日国マケドニア

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 ヨーロッパ


今日はマケドニアのワイナリーに来ている。
いつもこのマケドニアを訪問することが多いのだが、その自然の豊かさと食文化の豊かさには
圧倒される。
マケドニアは旧ユーゴスラビアを構成していたうちのバルカン半島にある国なのだが、
ギリシャの隣で地中海に近い位置ということもあってワインやオリーブオイルの生産が盛んだ。ワインはマケドニアしか作られていないワインもありバラエティに富んでいてうまい。

また酪農が盛んでチーズがとても美味だ。ショプスカサラダというサラダはトマトときゅうりのサラダの上にオリーブオイルとチーズがかかっていて実にうまい。
レストランにいってもチーズの種類は豊富で、チーズ好きにはたまらない。

それにマセドニアの魅力は物価の安さでもある。ヨーロッパにありながら、物価はフランスやイタリアの半分程度だ。ギリシャと比べても圧倒的に安い。
スイスやノルウェーのような物価が高い国では長期滞在もおっくうになるし、楽しめない。
その点、物価の安いマケドニアでは長期滞在して楽しむことができる。
ヨーロッパで物価の安いのはこのマケドニアとコソボ、そしてモルドバぐらいのものだろう。

マケドニアは親日国とタイトルに書いたが、この国は昔から日本とのつながりが深い。
マケドニアの首都、スコピエは都市計画が丹下健三氏のデザインだ。
1960年代に起きた震災によって都市が破壊されてしまった後、彼に都市計画の依頼が来たということだ。今もスコピエの中央駅では彼の建築を見ることができる。

この前、田舎にあるクマノボという都市を訪れた時に、週末は何をして過ごしているんだと現地の女の子に聞いたことがある。
彼女の答えは、日本のドラマやバラエティー番組をネットで見ていると答えた。
ダウンタウンが特に好きなのでダウンタウンの番組ばかりみているとのことだった。
まさかこんな所でダウンタウンの番組を見ている人がいるなどというのは予想外だったので驚いた。

マケドニアはフランスやドイツなどから直行便が飛んでいるし、トルコのイスタンブールからも入る事ができる。

スポンサーリンク

関連記事

バルカン半島の楽しみ方

バルカン半島はヨーロッパの南東部にあって、イタリアの東にある半島だ。 半島といってもかなり大き

記事を読む

アムステルダムに久々に来て思う事

今日はオランダのアムステルダムに来ている。 いつも首都のアムステルダムの空港に降り立つ度に、こ

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ハールレム観光のススメ

前回は、オランダ第3の都市、デン・ハーグを紹介いたしました。今回は、デン・ハーグよりはこぢんまり

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!デルフト観光のススメ

前回は、ミッフィーが生まれた街、ユトレヒトを紹介いたしました。今回はオランダの古都、デルフトをご

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!ユトレヒト観光のススメ

前回は、「花の街」ハールレムを紹介いたしました。今回は、日本人に大人気の街、ユトレヒトをご紹介し

記事を読む

アムステルダムから日帰り旅行!デン・ハーグ観光のススメ

オランダの首都、アムステルダム。オランダで唯一、日本から直行便の飛行機が就航しているので、ここを

記事を読む

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょうか。 乗継までに時間の余裕が

記事を読む

コソボって知ってます?今後のコソボの発展から目が離せない

コソボと聞いて何を思い浮かべるだろうか。 だいたいの人はコソボ紛争という言葉を思い浮かべるだろ

記事を読む

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅

アラン諸島のイニシュモア島でサイクリング!遺跡巡りと断崖絶壁の旅 アイルランドと聞くとまず先に

記事を読む

気軽にパクリ!地元っこに混じって食べたい、オランダのスナック5選

オランダの楽しい街歩きに欠かせないのが、片手で食べることのできるスナック。オランダのあちこちに、

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に

暮らすように楽しむシェムリアップ

暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシ

魅惑の中東イスラエルの国情報や有名な観光地、旅のTIPSをご紹介

魅惑の中東イスラエル旅行 イスラエルに旅行なんて治安は大丈夫?と

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。

行く先々で感動を与えてくれる国イランの魅力を解剖!

イランの魅力を解剖! 制限が多くて旅行が大変そう!なんか怖い!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑