日本三大松>奥州日の出の松、羽衣の松、高砂の松

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 関東地方


松というと日本人にとってなじみ深い木ですが、松の名所として人気のスポットになっているところがあることをご存じでしょうか。
日本には多くの「日本三大○○」が存在していますが、松にも日本三大があるのです。
なお、日本三大に数えられるのは福島の「奥州日の出の松(おうしゅうひのでのまつ)」、静岡の「羽衣の松(はごろものまつ)」、兵庫の「高砂の松(たかさごのまつ)」です。
個々の松にどういった特徴があるのかを以下にまとめていますので、内容をチェックして魅力に感じた人は実際に行ってみてはいかがでしょうか。

福島県・奥州日の出の松

「安寿と厨子王の乳母の伝説」のなかに奥州日の出の松を切ったときの切り口から血が出たという話があり、もともとは「血の出松」と呼ばれていたものが、なまって「日乃出松」といわれるようになったという説があります。
曲り松としての優美さがあり、朝日をバックにしたときの姿が美しいということで、日本三大松のひとつに数えられていましたし、陸前浜街道の人気スポットになっていたのですが、いまは残念なことに台風の被害を受けたことが原因となってなくなってしまっています。

静岡県・羽衣の松

羽衣の松の名前は「羽衣伝説」が由来です。
現在の羽衣の松は3代目であり、2代目の松は2013年(平成25年)におよそ3メートルの幹を残して伐採されました。
羽衣の松は御穂神社(みほじんじゃ)の神体ですが、羽衣の松のとなりには御穂神社の離宮・羽車神社(はぐるまじんじゃ)が存在しています。
また、羽衣の松には元旦の朝、初日の出を目当てにたくさんの人が足を運ぶ人気のスポットになっています。

兵庫県・高砂の松

高砂の松は「高砂神社」の境内に行くと見られます。
高砂の松は根がひとつで雌雄の幹が左右にわかれている「相生(あいおい)の松」です。
また、高砂の松でいま残っているのは5代目のものですが、古い世代のもののうち、3代目に関しては高砂神社の霊松殿で保存されています。

スポンサーリンク

関連記事

名所・グルメに出会う旅>神奈川県

名所編 神奈川県は、関東地方の南西端東京都の南に位置し、中華街のある港町横浜、鎌倉幕府がおかれ

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>群馬県

名所編 群馬県は、たくさんの温泉地があることから湯治で過ごしたり、赤城山や碓氷峠など四季折々の

記事を読む

富士山本宮浅間大社と富士宮のB級グルメを味わう【富士山に出会う旅】

富士宮市にある「富士山本宮浅間大社」。この大社は、全国に1,300以上あると言われる浅間神社の総

記事を読む

日本三大蔵の町>喜多方、川越、倉敷

蔵の町として有名なところは複数あり、メディアで日本三大蔵の町として取り上げられることがあります。

記事を読む

日本三大古代三関>伊勢国鈴鹿関、美濃国不破関、越前国愛発関

三関(さんかん、さんげん)という言葉は、歴史に興味・関心がある人はご存じかもしれませんが、そうで

記事を読む

伊豆は手軽で楽しさ満載!家族旅行記

36歳。男性。バツイチの二児の父です。 今は、自分の父親と、小学校四年生と小学校二年生の男

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>栃木県栃木市

名所編 栃木県栃木市は、東に筑波山、西に太平山、北に日光連山と山間の中の街です。 街中には、

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>静岡県浜松市

名所編 静岡県浜松市と言えば、リゾート地としても有名な浜名湖、そしてオートバイ、楽器の街のイメ

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>茨城県

名所編 茨城県は、関東地方の北東に位置し太平洋側の美しい海岸線、内陸地は緑豊かな山々と全国第2

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>神奈川県小田原市

名所編 小田原は神奈川県の西部にあり、森林、山間、海に囲まれた地域です。 名所観光スポットの

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑