日本三大蔵の町>喜多方、川越、倉敷

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 関東地方


蔵の町として有名なところは複数あり、メディアで日本三大蔵の町として取り上げられることがあります。
日本三大蔵の町のひとつとして名前があがるのは「福島県喜多方市」や「埼玉県川越市」、あとひとつは「岡山県倉敷市」です。

喜多方(福島県喜多方市)

福島県喜多方市は「蔵のまち喜多方」として、数多くの観光客が足を運ぶスポットでもあります。
喜多方の蔵は表通りをはじめ路地裏、郊外の集落にまで、全部で4,000棟あまりの蔵が存在するといわれています。
白漆喰が壁材料として使用されることの多い蔵ですが、喜多方は黒漆喰、レンガ、土壁といった具合に、普通とは異なる種類の壁材料が使用されている蔵を見ることが可能です。
また、蔵というと倉庫として使用されるイメージがある人もいるでしょうが、お店、住居、お酒・味噌・しょうゆの貯蔵庫、屋敷の塀、漆器職人の作業場、トイレなど、倉庫以外の目的で建てられて使用されている蔵もあります。
そのほか、喜多方の蔵はいまでも現役で使用されているものが多数を占めています。
「喜多方 蔵の里」・「蔵座敷 あづまさ」・「東町蔵屋敷 会陽館」・「大和川酒蔵 北方風土館」・「若喜商店 縞柿の蔵座敷」など、蔵の見物をすることが可能なスポットの充実度も高いです。

川越(埼玉県川越市)

埼玉県川越市に存在している蔵造りエリアは、国の文化財保護法による「重要伝統的建造物群保存地区」として選ばれています。
川越の蔵の特徴としては、厚い壁に漆喰で外壁塗装が行なわれており、南向き一方向にしか開口部がなく、断熱性能と防火性能に優れています。
また、川越の蔵造りは物の保管を目的に使用される土蔵とはつくりが違う「見世蔵(みせぐら)」という店舗兼住宅の割合が高いです。
川越の蔵のスポットとしては「山崎美術館」・「服部民俗資料館」・「大沢家住宅」・「時の鐘」などをあげることができます。

倉敷(岡山県倉敷市)

岡山県倉敷市の蔵造りエリアは「倉敷美観地区」と呼ばれており、川越にある蔵エリアと同様に「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けています。
天領(てんりょう)時代の白壁の蔵造りを見ることが可能です。
また、蔵造りを見ることが可能なエリアには、ほかにも「倉敷アイビースクエア」・「大原美術館」・「大橋家住宅」などの観光スポットがあります。
蔵の町として有名なところは複数あり、メディアで日本三大蔵の町として取り上げられることがあります。
日本三大蔵の町のひとつとして名前があがるのは「福島県喜多方市」や「埼玉県川越市」、あとひとつは「岡山県倉敷市」です。

喜多方(福島県喜多方市)

福島県喜多方市は「蔵のまち喜多方」として、数多くの観光客が足を運ぶスポットでもあります。
喜多方の蔵は表通りをはじめ路地裏、郊外の集落にまで、全部で4,000棟あまりの蔵が存在するといわれています。
白漆喰が壁材料として使用されることの多い蔵ですが、喜多方は黒漆喰、レンガ、土壁といった具合に、普通とは異なる種類の壁材料が使用されている蔵を見ることが可能です。
また、蔵というと倉庫として使用されるイメージがある人もいるでしょうが、お店、住居、お酒・味噌・しょうゆの貯蔵庫、屋敷の塀、漆器職人の作業場、トイレなど、倉庫以外の目的で建てられて使用されている蔵もあります。
そのほか、喜多方の蔵はいまでも現役で使用されているものが多数を占めています。
「喜多方 蔵の里」・「蔵座敷 あづまさ」・「東町蔵屋敷 会陽館」・「大和川酒蔵 北方風土館」・「若喜商店 縞柿の蔵座敷」など、蔵の見物をすることが可能なスポットの充実度も高いです。

川越(埼玉県川越市)

埼玉県川越市に存在している蔵造りエリアは、国の文化財保護法による「重要伝統的建造物群保存地区」として選ばれています。
川越の蔵の特徴としては、厚い壁に漆喰で外壁塗装が行なわれており、南向き一方向にしか開口部がなく、断熱性能と防火性能に優れています。
また、川越の蔵造りは物の保管を目的に使用される土蔵とはつくりが違う「見世蔵(みせぐら)」という店舗兼住宅の割合が高いです。
川越の蔵のスポットとしては「山崎美術館」・「服部民俗資料館」・「大沢家住宅」・「時の鐘」などをあげることができます。

倉敷(岡山県倉敷市)

岡山県倉敷市の蔵造りエリアは「倉敷美観地区」と呼ばれており、川越にある蔵エリアと同様に「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けています。
天領(てんりょう)時代の白壁の蔵造りを見ることが可能です。
また、蔵造りを見ることが可能なエリアには、ほかにも「倉敷アイビースクエア」・「大原美術館」・「大橋家住宅」などの観光スポットがあります。
蔵の町として有名なところは複数あり、メディアで日本三大蔵の町として取り上げられることがあります。
日本三大蔵の町のひとつとして名前があがるのは「福島県喜多方市」や「埼玉県川越市」、あとひとつは「岡山県倉敷市」です。

喜多方(福島県喜多方市)

福島県喜多方市は「蔵のまち喜多方」として、数多くの観光客が足を運ぶスポットでもあります。
喜多方の蔵は表通りをはじめ路地裏、郊外の集落にまで、全部で4,000棟あまりの蔵が存在するといわれています。
白漆喰が壁材料として使用されることの多い蔵ですが、喜多方は黒漆喰、レンガ、土壁といった具合に、普通とは異なる種類の壁材料が使用されている蔵を見ることが可能です。
また、蔵というと倉庫として使用されるイメージがある人もいるでしょうが、お店、住居、お酒・味噌・しょうゆの貯蔵庫、屋敷の塀、漆器職人の作業場、トイレなど、倉庫以外の目的で建てられて使用されている蔵もあります。
そのほか、喜多方の蔵はいまでも現役で使用されているものが多数を占めています。
「喜多方 蔵の里」・「蔵座敷 あづまさ」・「東町蔵屋敷 会陽館」・「大和川酒蔵 北方風土館」・「若喜商店 縞柿の蔵座敷」など、蔵の見物をすることが可能なスポットの充実度も高いです。

川越(埼玉県川越市)

埼玉県川越市に存在している蔵造りエリアは、国の文化財保護法による「重要伝統的建造物群保存地区」として選ばれています。
川越の蔵の特徴としては、厚い壁に漆喰で外壁塗装が行なわれており、南向き一方向にしか開口部がなく、断熱性能と防火性能に優れています。
また、川越の蔵造りは物の保管を目的に使用される土蔵とはつくりが違う「見世蔵(みせぐら)」という店舗兼住宅の割合が高いです。
川越の蔵のスポットとしては「山崎美術館」・「服部民俗資料館」・「大沢家住宅」・「時の鐘」などをあげることができます。

倉敷(岡山県倉敷市)

岡山県倉敷市の蔵造りエリアは「倉敷美観地区」と呼ばれており、川越にある蔵エリアと同様に「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けています。
天領(てんりょう)時代の白壁の蔵造りを見ることが可能です。
また、蔵造りを見ることが可能なエリアには、ほかにも「倉敷アイビースクエア」・「大原美術館」・「大橋家住宅」などの観光スポットがあります。

スポンサーリンク

関連記事

忍野村周辺【富士山に出会う旅】

富士山へお出かけの際、是非立ち寄っていただきたいのが、忍野村です。その理由は、神々しい姿の富士山

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>栃木県栃木市

名所編 栃木県栃木市は、東に筑波山、西に太平山、北に日光連山と山間の中の街です。 街中には、

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>静岡県静岡市

名所編 静岡県静岡市と言えば、日本茶の名産地であり、新日本三景の「三保の松原」、そして弥生時代

記事を読む

日本三大古代三関>伊勢国鈴鹿関、美濃国不破関、越前国愛発関

三関(さんかん、さんげん)という言葉は、歴史に興味・関心がある人はご存じかもしれませんが、そうで

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>山梨県甲府市

名所編 山梨県甲府と言えば、武田信玄ゆかりの場所です。今回は信玄公ゆかりのスポットと自然の造形

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>東京都

名所編 首都、東京は政治経済の中心地であるだけではなく、江戸時代においても日本の中心地であった

記事を読む

夏の風物詩 全国の花火大会【関東編】

花火大会の有料席を購入しない場合、いかに穴場スポットを見つけるかが重要になります。 そんな時に

記事を読む

山中湖周辺の楽しみ方【富士山に出会う旅】

山中湖は、豊かな自然に囲まれた富士山の麓の湖です。湖は、富士五湖の中でも富士山に一番近くに位置し

記事を読む

草津温泉と善光寺詣り

私は、かつて30台の友人人と秋に、草津温泉と善光寺に行ってきました。 草津温泉は、日本武尊

記事を読む

日本三大トンネル>関越トンネル、恵那山トンネル、新神戸トンネル

日本三大トンネルに名を連ねているのは関越道の「関越(かんえつ)トンネル」、中央道の「恵那山(えな

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑