伊豆は手軽で楽しさ満載!家族旅行記

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 関東地方


36歳。男性。バツイチの二児の父です。

今は、自分の父親と、小学校四年生と小学校二年生の男の子二人で、男ばかりの四人家族で暮らしています。

一番の楽しみはやっぱり旅行ですね。

決して経済的に余裕があるわけではありませんが、毎月少しずつ節約してお金を貯めて、一番旅費が安く上がる、子供たちの春休みに毎年旅行に行くようにしています。

夏にも旅行に行くことはいくのですが、やっぱり、安く上がる、海で泳いだり、湖でバーベキューなんかをすることが多いですね。

やっぱり、夏はキャンプが出来るので、旅行に行くにしても、車で、テントを持って出かければ、だいぶ安く上がります。

オススメの夏の旅行先は、関東エリアに住まわれているかたには、やっぱり「伊豆」ですかね。

伊豆は、去年、世界ジオラマパークには認定されなかったものの、いろいろと絶景や見所がたくさんあります。

世界ジオラマパークに認定されるのも、そう遠くはない未来だと思います。

大仁の反射炉などは、すでに世界文化遺産登録されていて、開国から明治にかけての、江戸時代の武士たちが、なんとか西洋の高い技術力に追いつこうと、奔走していた時代の遺跡をみることができます。

大仁の反射炉は、軍艦島と同じく、「明治の文明開花の遺産」として、世界文化遺産に登録されました。

私が大仁の反射炉にいたときは、閑散としていて、とても世界文化遺産に登録されるようなシロモノではないような気がしていましたが、見事に世界文化遺産に登録されました。

それから、春に桜を見に大仁に行ったとき、再び反射炉を訪れたときには、まるで様相が変わっており、トイレなどの施設も整備され、観光客でごった返していました。

外国人観光客も、西洋の方から、中国の方まで、様々な観光客が訪れてきていました。

まさかこれほどまでの観光名所になるとは夢にも思いませんでした。

いまでは、ガイドさんや、説明のボードなども出ていて、「いかにして日本は西洋の技術力を身につけていったか。」を事細かに知ることができて、感慨深いものがあります。

「韮山反射炉」。

これも伊豆を旅行するなら是非オススメしたい場所です。

ホテルも最近では大手のコンサルタントが一括で経営を刷新したため、価格破壊が起きています。

これは日本国中どこへ行ってもかわりませんね。

最近のホテルは、一部の差別化されたエグゼクティブなホテルを除いて、だいたいは安く抑えられています。

これもインターネットのおかげでしょうか。

安い宿を探そうと思えば、例えばAirbnbなどを使えば、お盆などのホテルの宿泊価格が高騰し、さらにはどこにも部屋が空いていないという状況でも、安くて、快適な部屋を見つけることができます。

Airbnbはアプリとしてダウンロードしておいて損はないでしょう。

きっとあなたの旅行の手助けをしてくれます。

あなたが、もし、仕事に疲れ、「今すぐ旅行がしたい!」と思ったとき、たとえ時期が、正月でもお盆でも、Airbnbで部屋を検索すれば、だいたいどの地方でも見つかります。

むしろどの国のどの地方に行ってもです!Airbnbは世界のアプリなので、世界中どこでも使えるのです。

それはUberにしても同じです。

Uberでタクシーを拾って、UberEATSでレストランを探せば、安くて美味しい食事をすることができます。

UberEATSで食事をしたあと、さらにその店の紹介で、またUberEATSのクーポンを持って、次の旅行先のレストランに行けば、またさらに安くて美味しい食事をとることができるのです。

これを使わない手はありません。

さて。

伊豆の旅行に話を戻します。

伊豆といえば、首都圏からなら、もっともポピュラーな保養地といえば熱海でしょう。

この熱海の発展も最近は目覚ましいものがあります。

前述したとおり、ホテルの価格も、一部のエグゼクティブなホテルを除けば、かなり安くなっています。

熱海に行ったときに是非行って欲しいのが、伊豆諸島の島です。

熱海からフェリーで30分で行ける伊豆諸島に、「初島」があります。

やっぱり島に渡るのは気持ちがいいです。

初島には初島リゾートと呼ばれるホテルの周辺以外は、ほとんど何もありません。

「何もしない。」をしにいこう!と思ったら、これほどステキで近場な島はありません。

なにせなにもありませんから。

ホテルのプールでくつろいで、あとすることといえば「釣りエリア」があるくらいです。

初島にはネコがたくさんいます。

初島に行くと、まるで自分が猫になったような、ほんとに自由な生き方をしてるっていう気持ちになれます。

都心から車で熱海まで1時間。

フェリーで30分。

たったの1時間半で、あの都会のやかましい喧騒から逃れ、海以外のなにもない夢の空間に飛び込むことができるのです。

もしあなたが初島に一週間も滞在するなら、さすがのあなたも飽きてしまうかもしれません。

そんなときは、釣りなんかをしてみてはいかがでしょうか。

釣りをしたことがないあなたも大丈夫です。

初島では釣り道具のレンタルもやっていますし、釣り好きな方が、釣りエリアで釣りをしていますから、見よう見まねでやってみましょう。

初めてのあなたでも、きっとたのしめるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

富士山本宮浅間大社と富士宮のB級グルメを味わう【富士山に出会う旅】

富士宮市にある「富士山本宮浅間大社」。この大社は、全国に1,300以上あると言われる浅間神社の総

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>静岡県浜松市

名所編 静岡県浜松市と言えば、リゾート地としても有名な浜名湖、そしてオートバイ、楽器の街のイメ

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>山梨県甲府市

名所編 山梨県甲府と言えば、武田信玄ゆかりの場所です。今回は信玄公ゆかりのスポットと自然の造形

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>群馬県

名所編 群馬県は、たくさんの温泉地があることから湯治で過ごしたり、赤城山や碓氷峠など四季折々の

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>東京都

名所編 首都、東京は政治経済の中心地であるだけではなく、江戸時代においても日本の中心地であった

記事を読む

日本三大松>奥州日の出の松、羽衣の松、高砂の松

松というと日本人にとってなじみ深い木ですが、松の名所として人気のスポットになっているところがある

記事を読む

パワースポットを訪ねる【富士山に出会う旅】

神聖で荘厳な富士山には、神のパワーが集る霊峰として山岳信仰の霊地として、昔から多くの信仰者、修行

記事を読む

忍野村周辺【富士山に出会う旅】

富士山へお出かけの際、是非立ち寄っていただきたいのが、忍野村です。その理由は、神々しい姿の富士山

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>静岡県静岡市

名所編 静岡県静岡市と言えば、日本茶の名産地であり、新日本三景の「三保の松原」、そして弥生時代

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>茨城県

名所編 茨城県は、関東地方の北東に位置し太平洋側の美しい海岸線、内陸地は緑豊かな山々と全国第2

記事を読む

グルメに出会う旅>滋賀県湖北地域

グルメ編 日本のほぼ真ん中に位置する滋賀県、県の約6分の1の広さ

名所・グルメに出会う旅>岐阜県飛騨市高山市

名所編 岐阜県は、海に囲まれている日本では数少ない内陸部に位置し

名所・グルメに出会う旅>兵庫県淡路島

名所編 瀬戸内海に位置する淡路島は、大阪湾、播磨灘、紀伊水道に囲

名所・グルメに出会う旅>京都府丹後半島

名所編 京都府丹後半島地域は、日本三景の天橋立を始め、伊根の舟屋

名所・グルメに出会う旅>神奈川県

名所編 神奈川県は、関東地方の南西端東京都の南に位置し、中華街の

→もっと見る

PAGE TOP ↑