長野県長野市【名所・逸品に出会う旅】

公開日: : 北陸地方


長野と言えば国宝善光寺です。その歴史は古く、創建は飛鳥時代(7世紀後半)と推定されています。
善光寺は、一宗一派にとらわれず、万人に「極楽浄土」を約束するお寺として知られています。
善光寺までおよそ2キロの参道には、近代的な佇まいに蔵風の建物がいくつか建ち並んでいます。

アールデコ調の旅籠屋

参道を歩くと、目に飛び込んでくるのがアールデコ調のモダンな3階建ての建物です。、この建物は、『御本陣 藤屋旅館』という旅館で、創業は江戸時代(慶応元年)。
古くは加賀百万石・前田家藩主が常宿としていた歴史ある旅館であり、近代に入ってからも伊藤博文、福沢諭吉など各界の著名人に利用されていたそうです。
次に参道を歩き進めると、日本蕎麦屋の佇まいが目立ちます。長野、信州の「食」の王道と言えが「蕎麦」。善光寺の門前町には、参拝者に「もてなす食」として、古くから蕎麦が提供されてきたことから、今でも門前町には蕎麦屋さんが多く建ち並び、暖簾を構えているのです。

善光寺参道の蕎麦屋

「北野家本店」善光寺に一番近い信州蕎麦の老舗店で、蕎麦は石臼で丁寧にひいた信州戸隠産の蕎麦粉をベースに八ヶ岳産をブレンドした純手打ち蕎麦です。
コシの強い細切り蕎麦とつゆは100年以上前から守り続けた「かえし」に合わせるまろやかなやさしい風味、蕎麦と汁の素晴らしいコラボレーションをお楽しみいただけます。また、蕎麦の風味をたっぷりと味わうのでしたら、十割蕎麦がおすすめです。
十割蕎麦を供する店舗「十割蕎麦 大善」は、太過ぎず細過ぎない丁度良い蕎麦の太さと歯ごたえ、そして喉ごしの良さが評判の人気蕎麦店です。
もちろん、参道には名物、名産の逸品を販売する土産店も豊富です。長野名物土産、信州人にとってなくてはならない「おやき」はいかがでしょう。

「おやき」は、その昔長野県では主食として食べられていました。

おやきは、信州長野の名物であり郷土料理でもあります。
山に囲まれた環境である長野県では、昔はお米があまり取れない地域。そこで、米よりも収穫の多い小麦や蕎麦の粉を原料にした「おやき」が主食としていたそうです。
自分の好きな具をおやきで包み食べる。メキシコのタコスの感覚でしょうか?
今でも、おやきの具材は色々な食材があります。
代表的なおやきの中味は、野沢菜、茄子、おから、かぼちゃ、切干大根、きのこ、野菜ミックス、きんぴらなどのおかず系や、おやつ系としては小豆餡、くるみ、りんごの入っているものもあります。名物の味わいを、是非ご賞味ください。
善光寺詣りの後は、お寺の近くにある天然温泉でのんびりされるのはいかかですか?

「裾花峡天然温泉 うるおい館」でのんびりする。

長野市街地の西側、日本百景のひとつにも選ばれた奥裾花(おくすそばな)渓谷の下流の河畔に建つ温泉宿「うるおい館」。日帰り入浴も可能です。
大露天風呂「流泉の湯」「白岩の湯」は広々とした造りの風呂で、絶景の眺めが堪能できます。
ぬめりのある湯は、源泉かけ流しの天然良質温泉で、保温効果も抜群です。

無休:入浴のみ(平日)大人670円 ※土日祝は大人720円
TEL026-237-4126
JR長野駅から徒歩約20分(駅前から平日のみ運行の無料シャトルバスあり)
「うるおい館」http://www.uruoikan.com/

スポンサーリンク

関連記事

名所・逸品に出会う旅>富山県富山市

逸品編 富山湾の海の幸、立山連峰の山の幸、清らかな水で育まれた農産品、それぞれの食材の美味しさ

記事を読む

名所・逸品に出会う旅>福井県坂井市

名所編 福井県は、日本海に面した自然に恵まれた地域です。そして福井には、脈々と歴史を物語る観光

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>石川県金沢市

名所編 藩主前田家のもと、加賀百万石の城下町として発展した北陸の小京都、金沢。 現在でも金沢

記事を読む

グルメに出会う旅>滋賀県湖北地域

グルメ編 日本のほぼ真ん中に位置する滋賀県、県の約6分の1の広さ

名所・グルメに出会う旅>岐阜県飛騨市高山市

名所編 岐阜県は、海に囲まれている日本では数少ない内陸部に位置し

名所・グルメに出会う旅>兵庫県淡路島

名所編 瀬戸内海に位置する淡路島は、大阪湾、播磨灘、紀伊水道に囲

名所・グルメに出会う旅>京都府丹後半島

名所編 京都府丹後半島地域は、日本三景の天橋立を始め、伊根の舟屋

名所・グルメに出会う旅>神奈川県

名所編 神奈川県は、関東地方の南西端東京都の南に位置し、中華街の

→もっと見る

PAGE TOP ↑