ぺルーで1番エキサイティングな場所ワカチナを紹介!

公開日: : 最終更新日:2019/07/16 アメリカ(america)

幻のオアシスはペルーに実在していた?!

ロマンティックでスリルな遊びができるワカチナへ行こう!

突然ですがオアシスをイメージしてみてください。
砂漠で遭難した人が瀕死状態で見つけた湖やヤシの木の楽園オアシスだったがそれは幻だった、と映画のようなシーンを思い出しませんか?
その幻の楽園オアシスの風景が南米ペルーで見ることができるのです!
その場所はワカチナと呼ばれる地域で、癒やされるだけの場所でなく昼間は砂漠で激しいアクティビティ夜はロマンティックに夕日や星空を見ることのできる最高のスポットです。
それではぺルーで1番エキサイティングした場所ワカチナを紹介したいと思います。

ワカチナって?

ワカチナはペルー南西部にあるイカという地域砂漠で囲まれた小さな村の名前です。
村にはラグーンがあり、それを囲むようにヤシの木が生い茂っているので、遠くから見ると完全にオアシスのようにみえるでしょう。
またラグーンを中心に宿泊所やレストラン、ツアー会社があるので完全なリゾート地です。
ワカチナは癒しのオアシスだけでなく砂漠で楽しいアクティビティができるのが特徴です。

オアシスの危機?!

1980年代頃にワカチナ最大のピンチが訪れました。それはラグーンの水が湧きストップしてしまったことです。
さらに私有地で井戸が設置されたためラグーンの水位がどんどん低くなってしまい、このままでは乾燥してオアシスがなくなってしまう!
そんな時ペルーのビジネスマン達が立ちあがり村の近くの農場からラグーンへ水を自動で送り込むシステムを作る事でき、今では昔の水位が保たれているそうです。

ワカチナに人魚伝説?!

実はラグーンには人魚がいるという伝説があります。
ワカチナが存在する前の話しで、ある日、田舎に住んでいる未婚の女性が鏡を見ながら髪をとかしてしました。
その女性はとても美しかったのですが、全知の神に誓いを立ていたので誰とも恋に落ちることはありませんでした。
しかしその日鏡に映った狩り人に彼女は一目ぼれしてしまいました。
それを知った全知の神は狩り人と彼女が一緒にならないように彼女へ魔法をかけ人魚にしてしまいました。
そして鏡が地面で砕かれワカチナのラグーンが作られたと言われています。
また彼女は満月の夜に現れ独身の男性をラグーンの中へ誘惑をするために歌うそうです。
半分ホラーで半分ファンタジーのような伝説ですね。(諸説あり)
ちなみにワカチナという意味はケチュア語(インカ帝国で使われていた言葉)で愛を失った悲劇の女性を象徴した「泣く女」という意味だそうです。
また人魚の像もあるのでぜひ妄想を膨らましてみてください。

ワカチナで出来るアクティビティ

絶叫系サンドバギー

ワカチナで楽しみの1つサンドバギーは想像以上の絶叫系でした!
まずバギーは各ホテル周り乗客をピックアップし全員揃うと砂漠へ突入していきます。
バギーでいくつもの砂丘を爆走していくのですが、上り下りをあり得ない角度からドライバーは攻めていきます。
それゆえ、かけていたサングラスも吹っ飛ぶくらいの勢いで何度もバウンドを繰り返していたので内臓の配置がずれてしまうのではないかと心配してしまいました。
ベルトをしているにもかかわらず私の身体は何回も浮いていたのでベルトがなければ開始1分で砂漠に放り投げられていたでしょう。
正直私はサンドバギーを甘くみていたので乗る前までは余裕の顔をしていたのですが、終わった後は顔面蒼白でした。
絶叫系の乗り物が好きな人にはたまらない遊びだと思うのでぜひ試してください!

スリル系サンドボード

サンドボードはスリル満点ハイスピードがたまらない遊び!
砂丘の上からうつぶせのままボードに乗り急斜面の滑り台のように降りていく、これがサンドボードの遊び方です。
上級者の人はスノーボードのように立ちながら砂丘を降りていけるそうですが、初心者の私はうつぶせスタイルで挑戦しました。
スピードが出すぎてしまっても足のつま先を立てるとスピードを落とすことができるので怖くなったらブレーキをかけるとよいでしょう。
ですがここは砂漠なので怪我する確率が低いと言われています。ぜひそのまま真っ逆さまに落ちていきましょう。
砂だから雪よりはスピード出ないだろうと思っていたが想像以上に速いスピードでビックリしました。
あの爽快なスリルが癖になり何度もやりたくなる遊びです!

夕日/星空

砂漠で遊んだ後はしっとりと夕日を眺めましょう。
夕日鑑賞はだいたいツアーに組み込まれているのでベスト場所まで連れて行ってくれるでしょう。
砂漠に落ちていく美しい夕日をじっくり眺めることができます。
そして夜は星空を見に散歩へ出かけましょう。
ホテルの周りがすでに砂漠なので歩いて行ける範囲で少しでも光の少ない場所まで行き空を見上げてください。
そこにはの満天の星空が待っています。
砂漠の静けさと星空でロマンティックな気分に浸れることは間違いありません。

アクセス

ワカチナは「イカ」という町の中にありますのでまずイカを目指しましょう。
首都のリマからイカまではバスの所要時間が4-5時間ですが南米のバスはとにかく綺麗で広くて快適なので何時間でも乗れてしまいます。
下記の2社がメインのバス会社でリマ⇔イカ便は1日に何便もあり、ネットで予約すると席も指定できるのでおススメです。
●Cruz del Sur
http://www.perubus.com.pe/

●PeruBus
http://www.perubus.com.pe/

イカに到着したらバス停からワカチナまではタクシーで10分程度で到着します。
またナスカの地上絵のある場所からイカまではバスで約2時間程度です。

まとめ

バギーやサンドボードでは死ぬまでの恐怖を感じなかったので絶叫系マシーンが少し苦手な方でも大丈夫だと思います。
サンドボードの後全身砂だらけになり、髪の毛の中や服のポケット、耳などありえない場所にも砂は入り込むので覚悟を決めて遊びましょう。
ワカチナにはロマンティックなレストランやラグーンをボートで回れるデートスポット的な要素もありますのでぜひカップルにもおススメしたい場所です。
ペルーには迷うほどたくさんの観光地がありますが、ワカチナは外したくない観光地の1つです。
みなさんもぜひエキサイティングでロマンティックな旅をワカチナで楽しんでください。


この記事を書いた人
旅する納豆菌
旅する納豆菌さん
留学中に旅の面白さに取り憑かれ婚期を逃しながらも旅を続けるバックパッカー。
訪問国数100か国突入。1人でも多くの人が旅をしたいと思えるように旅情報を発信中。

スポンサーリンク

関連記事

留学先としてココが魅力!アメリカの特徴や生活をする上での注意点

留学先,魅力この記事を読んでくださっている方の多くは留学先をアメリカにしようか、それともイギリス

記事を読む

ニューヨークで感じた文化の違い

今年の春にずっと行きたかったニューヨークに行ってきました。 アメリカの中でもとっても刺激的

記事を読む

夫と兄家族と初めて訪れたハワイでの発見

私は新婚旅行でハワイのオアフ島へ行きました。 2016年のお正月明けの1月初旬のことでした

記事を読む

まるで気分は遊覧飛行!ハワイで乗れる小型機の航空会社

多くの人がハワイでバーケーションを楽しみます。そしてホノルルのあるオアフ島だけでなくマウイ島やハ

記事を読む

アラサーハワイ旅行記

高校時代からの友人がハワイで挙式することになったので、 3泊5日で仲の良い友人グループから女性

記事を読む

アンコールワット見学後は夜遊び!街に繰り出そう! 

シェムリアップはナイトライフを楽しんでこそ、充実したステイができる

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょう

アンコールワットだけじゃない!シェムリアップの楽しみ方

パッケージツアーでアンコールワットを観にカンボジアのシェムリアップ

【ロマンチック街道】チェコからドイツへ電車の旅

日本からドバイ経由でプラハへ 日本からプラハまでは航空券が高いで

ぺルーで1番エキサイティングな場所ワカチナを紹介!

幻のオアシスはペルーに実在していた?! ロマンティックでスリルな

→もっと見る

PAGE TOP ↑