梅雨を楽しむ!全国のアジサイの名所【中国・四国編】

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 中国


アジサイは日本人にとって古くから馴染み深い花で、万葉集にも登場します。
「紫陽花の八重咲く如く弥つ代にをいませわが背子見つつ思はぬ」
(あじさいのやえさくごとくやつよにをいませわがせこみつつしのはぬ:八重に咲くアジサイのように、愛しいあなた様が栄えますようにと、見ながら思っています)」
雨に濡れつつ健気に咲くアジサイの名所を訪ねるのも梅雨ならではの楽しみ。
今回は中国・四国地方の名所から3選をご紹介いたします。

岡山県 美咲花山園

標高400メートルの高台にある総面積20ヘクタールの公園で、牡丹や桜、ツツジ、アジサイなどを楽しめます。
岡山駅から車で80分、花の楽しめる時期のみ営業のため、地元の人以外はあまり知られていない花の名所。
静かに散策を楽しむには絶好の穴場スポットです。
アジサイは100品種・県内最大規模の20,000株が栽培されています。

見頃:6月中旬〜7月上旬

〒709-3401岡山県久米郡美咲町北2822 0867-27-9800
営業時間 9:00〜17:00(不定休/12月〜4月上旬は閉園)
入場料 16才以上500円・小中学生300円

島根県 月照寺

「山陰のあじさい寺」として有名な由緒あるお寺で、境内は国の史跡に指定されています。
30,000本のアジサイが境内いっぱいに咲く様子は一度は見たいもの。
月照寺は歴代松枝藩主九代の菩提寺であり、松平家ゆかりの品が残されています。
宗旨は浄土宗で出雲国神仏霊場第5番札所に当たります。

見頃:6月中旬〜7月上旬

〒690-0875島根県松江市外中原町179 TEL 0852-21-6056
営業時間 8:30〜17:30(11月〜3月は17:00で閉門)
入場料 無料(拝観は大人500円・中高生300円・小学生250円)

香川県 国営讃岐まんのう公園

350ヘクタールの広大な敷地内にサイクリングコースやキャンプ場、自然の里山を再現した自然体験施設、散策路が設けられています。
季節折々の花を楽しめる場所としても四国ナンバーワン。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、セイヨウアジサイなど40品種を見ることができ、植えられている数も20,000株と圧巻。
2016年のあじさい祭りは6/11から7/3にかけて開催され、アジサイの手入れ教室や野点などのイベントが企画されています。

見頃:6月中旬〜7月はじめ

〒766-0023香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12 TEL 0877-79-1700
営業時間 9:30〜17:00(7/20〜8/31は18:00まで・11/1〜2月末尾は16:30まで)
入場料 15歳以上410円・65歳以上210円・小中学生80円

まとめ

今回は中国・四国地方のあじさい名所から、株数が圧倒的に多い3スポットをご紹介いたしました。
他の地方の名所は別の記事でご紹介しております。

ライターchi-yuのサイト:「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」
http://tourconductor-note.com/

スポンサーリンク

関連記事

中国で流行る電気自動車

中国の深センや杭州のタクシー乗り場にいくと、電気自動車をよく目にする。 既にタクシーとして電気

記事を読む

名所・グルメに出会う旅>神奈川県

名所編 神奈川県は、関東地方の南西端東京都の南に位置し、中華街の

名所・グルメに出会う旅>茨城県鹿嶋市

名所編 市内の東側を太平洋に面している自然豊かな鹿嶋市には、東国

名所・グルメに出会う旅>沖縄県

名所編 沖縄本島には、琉球王国時代の面影が残る場所がいくつもあり

名所・グルメに出会う旅>群馬県

名所編 群馬県は、たくさんの温泉地があることから湯治で過ごしたり

名所・グルメに出会う旅>埼玉県

名所編 埼玉県は、関東平野のほぼ中央に位置し、1都6県に囲まれて

→もっと見る

PAGE TOP ↑