中国で流行る電気自動車

公開日: : 最終更新日:2016/09/02 中国


中国の深センや杭州のタクシー乗り場にいくと、電気自動車をよく目にする。
既にタクシーとして電気自動車が多く使われている。どのぐらいの距離を走るのかと運転手さんに聞くと200キロ程度は走ると答えてくれる。中国では電動バイクを始めとして、電動自動車への投資が盛んに行われている。これは中国の抱える大きい問題である大気汚染の改善にも寄与すると期待されている。
では実際にどのような車が中国で開発されそして乗られているか、日本のメディアでは出てこない詳細をカバーしてみたい。

BYD Qin

かつて伝説の投資家ウォーレン・バフェットも投資したと言われている会社で、中国では大手として位置づけらているBYD。そのBYDで一番売れている電気自動車Qinだ。世界での売上数も世界4位の電気自動車だ。多額な研究予算を持っているだけあってクオリティも高い
http://www.byd.com/la/auto/qin.html

Kandi Panda

これも中国では大手として知られている吉利汽車をベースのパンダをベースにした電気自動車。このパンダという車、多くの国に輸出もされていて評価が高い。インパネをはじめとした機能はシンプルなものだが、電気自動車としての完成度は高い。この車を製造するKandi社はスマートによく似た電気自動車もラインナップしている。
http://en.kandivehicle.com/

上記の2台はいわゆる大手の車をベースにしたものだが、電気自動車製造の中心地である山東省ではかなり小さい電気自動車メーカーが乱立している。インターネットでも販売されている。
面白いものもあるので紹介したい。まるで電動自動車ワンダーランドのようだ。

ランドローバーもどき

ランドローバーによく似た外観を持つ電動自動車。40万円程度で購入できるため、老人の足としてよく使われているそう。クオリティは低いが電気自動車は機構がシンプルなためおそらく修理も簡単だろう。
https://item.taobao.com/item.htm?id=526088901222&toSite=main#detail

ミニバン

ゴルフカートと同じ機構を使っているミニバン これも価格が安価なため、近所にいくための足として使われる。モーターは2.2kwと小さい。
https://item.taobao.com/item.htm?id=522575212207&toSite=main

レプリカ

まるでT型フォードのレプリカとして作られた電気自動車。
結婚式場やリゾート、ゴルフ場に良いと思われる。
https://item.taobao.com/item.htm?id=41653352686&toSite=main#detail

1人乗り

価格も20万円で買える1人乗りミニカー
https://item.taobao.com/item.htm?id=528852035888&toSite=main#detail

スポンサーリンク

関連記事

梅雨を楽しむ!全国のアジサイの名所【中国・四国編】

アジサイは日本人にとって古くから馴染み深い花で、万葉集にも登場します。 「紫陽花の八重咲く如く

記事を読む

名所に出会う旅>広島県尾道市

広島県尾道では、江戸時代に北海道と大阪を結ぶ「北前船」の寄港となり

名所・グルメに出会う旅>長野県松本市

名所編 長野県松本市は、春は新緑で色づき始めるアルプスからの爽や

名所・グルメに出会う旅>富山県氷見市

名所編 富山県の西部、氷見市と言えば風光明媚な土地柄と、氷見の海

名所・グルメに出会う旅>福井県福井市

名所編 福井県は、日本海側に面した北陸地方にあり、日本海側気候で自然

名所・グルメに出会う旅>和歌山県紀北エリア高野山

名所編 和歌山県の北部エリアを紀北地域と呼び、和歌山市や紀の川市

→もっと見る

PAGE TOP ↑