魅惑のデスティネーション 北極

公開日: : 最終更新日:2016/12/17 海外旅行


南極や北極というと、とても行くのが大変で船で何日もかけて上陸と考えてしまいますが、実は北極は簡単に行くことができるのです。

ノルウェーのオスロからスヴァールバル諸島のロングイヤービエンまで毎日飛行機が北極に向けて出ています。オスロから3時間のフライトで北極に到着します。

北緯78度のロングイヤービエンは2000人の暮らす小さな街ですが、ホテルやレストラン、そして北極を楽しめるツアーなど多くのインフラが整っています。

北極のツアーは犬ぞりで大自然を駆け抜けたり、隣のロシア人の多いバレンツブルグという街へ船やスノーモービルなどで行くツアー、氷河を船で見に行くツアーなど盛りだくさんです。
また博物館や大学もありますので、アカデミックな人にも最適のデスティネーションです。

またこのロングイヤービエンには日本食レストランもあります。
Sushi Kitaというこのレストランでは世界最北端のお寿司屋さんで、ノルウェーのサーモンやエビのお寿司が人気だとか。
また時期によってはアザラシを使ったお寿司なども出していることもあるそうです。
日本人スタッフもいて、多くの情報を教えてくれます。

冬は長く太陽のでない極夜期間が4ヶ月続き、また夏は4ヶ月間太陽でっぱなしの白夜期間が4ヶ月続きます。

天気が良く運がよければ、冬はオーロラも楽しむ事ができます。
オーロラは普通のカメラではなかなか写らないので、露光時間の長い高性能カメラと小型三脚の持参をおすすめします。
またトナカイやキツネも街の近くを徘徊している事が多く、野生動物の写真も撮影が可能です。
ただ白熊はあまり近くに来ることがないので、相当ラッキーでなければ見れないとか。

日本からも比較的簡単に行ける北極。次の夏休みは北極で決まりでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

海外旅行で行った先のプールで思い切り泳ぎたい!

そう思う方も多いのでは? でも値段が高かったり、プールが狭かったり、人がいっぱいはイヤ!日本から

記事を読む

世界の魅惑の食べもの10選

世界旅行をしていると思わず美味しいもの、まずいもの、エキゾチックなものなど多くのローカルフードに

記事を読む

カナダビクトリア滞在記

2016年10月上旬、夫婦2人(夫36歳、妻29歳)でカナダのビクトリアに行ってきました

記事を読む

10代最後の記念旅行

19歳の頃、当時私は大学生だったので、お金はあまりありませんでしたが、時間は膨大にありました。

記事を読む

トルコ、アンタルヤというリゾート旅行記

現在ドイツに仕事の関係で在住しているものです。 もうかれこれ4年となりましたが、去年社内旅行で

記事を読む

アンコールワット見学後は夜遊び!街に繰り出そう! 

シェムリアップはナイトライフを楽しんでこそ、充実したステイができる

ドイツ・ベルリンから2時間!ドレスデンは見どころ満載

ドイツ旅行に行く際、ベルリンで乗り換える方も多いのではないでしょう

アンコールワットだけじゃない!シェムリアップの楽しみ方

パッケージツアーでアンコールワットを観にカンボジアのシェムリアップ

【ロマンチック街道】チェコからドイツへ電車の旅

日本からドバイ経由でプラハへ 日本からプラハまでは航空券が高いで

ぺルーで1番エキサイティングな場所ワカチナを紹介!

幻のオアシスはペルーに実在していた?! ロマンティックでスリルな

→もっと見る

PAGE TOP ↑