夏旅行で熱中症にならないように注意すべきこと

公開日: : 最終更新日:2019/07/08 その他 旅行・海外に関する話

夏旅行で熱中症にならないように注意すべきこと

夏旅行の際に気をつけなければいけないのが、「熱中症」です。
やはり、旅行時は外にいる機会が多いからこそ、熱中症になりやすいと言えます。
では、夏旅行で熱中症にならないためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

定期的に水分補給をする

定期的な水分補給は、熱中症対策の基本中の基本ですよね。やはり、旅行の際には、定期的に水分補給をすることが、とても大切だと言えるでしょう。
少しでも喉が渇いたら、ためらうことなく水分補給するようにしてください。また、喉が渇かないとしても、熱中症対策のために水分補給すべきでしょう。例えば、「外にいる時間が長いな」と思ったら、意識的に水分補給することが大切です。
ちなみに、観光名所によっては、自販機が置かれていないこともあります。例えば、山や海など、田舎にあるような観光名所に行った場合、なかなか自販機を見つけられないことがありますよね。従って、「自販機が置かれていなさそうな観光名所」に行く場合は、事前に水分を購入しておくべきでしょう。

少しでも疲れたら休憩する

旅行中って、疲れを感じることが多いですよね。必ず、疲れを感じたのなら、休憩するようにしてください。
確かに、「できるだけ多くの名所を巡りたい」と思った場合、休憩時間が無駄に感じられるものです。
ちなみに私は、兵庫観光をした際に、「1日で姫路と神戸を巡る」という計画を立てていました。この場合、結構な過密スケジュールになるので、休憩時間が無駄に感じられます。実際に私は、疲れを感じたのですが、「せっかく兵庫に来たのだから」と、休憩をしなかったのです。すると、熱中症のせいか、気持ち悪くなってしまったんですよね。結果的に、楽しい旅行になるはずの予定が、体調不良に陥ってしまったわけです。(姫路と神戸を巡る予定が、姫路城にすら行けませんでした…)
このような事態にならないためにも、疲れを感じたら、必ず休憩するようにしてください。

できるだけ歩く機会を減らす

夏の炎天下の中を歩くという行為は、熱中症の原因になることがあります。従って、夏旅行の際は、できるだけ歩く機会を減らすことも大切でしょう。
例えば、「歩ける移動距離でも交通機関を使う」「移動手段に車を使う」などと、工夫をしてみてはどうでしょうか。このように、工夫次第では、旅行の際に歩く機会を減らすことができますよ。

服装に気をつける

熱中症対策のためには、涼しい服装でいることも大切です。また、旅行の際には、どうしても動く機会が多いので、動きやすい服装でいることも重要でしょう。
確かに、紫外線対策のため、厚着をしたくなる人もいるかもしれません。しかし、そのようにして、熱中症になってしまっては、いけませんよね。例えば、日焼け止めを塗るなどして、なるべく快適な服装で旅行を楽しむべきでしょう。

早めにチェックインをする

熱中症対策においては、できるだけ室内にいることが大切です。そのため、「早めにチェックインをする」ということは、熱中症にならないための工夫だと言えるでしょう。
観光ホテルであれば、ご当地グルメを提供するレストランなんかも入っていますからね。そのため、早めにチェックインをしても、充分に楽しむことができるはずです。
もちろん、早めにチェックインをして、気温が下がった夕方以降に外出し、再び観光を楽しむというのもアリでしょう。

遅めにチェックアウトする

「熱中症対策においては、できるだけ室内にいることが大切」と先述いたしました。そのため、「遅めにチェックアウトする」ということも、熱中症対策になるはずです。
確かに、遅めにチェックアウトをすると、その分だけ観光する時間が減ってしまうんですけどね。ただ、熱中症にならないことを考えるのなら、遅めにチェックインするという選択は、賢明であるはずです。

夜更かしをしない

「せっかく旅行に来たんだし!」という気持ちから、ハメを外して夜更かししてしまう人がいます。確かに、旅先には普段行けないような店が多くあるため、夜更かししたくなる気持ちはわかります。 
しかし、夜更かしをしてしまうと、次の日は熱中症になりやすくなります。従って、旅行であるとしても、夜更かしをしないことが大切です。やはり、いつも通りの時間に眠って、睡眠時間を確保したいですね。
ただ、「どうしても夜更かししたい」という場合もあるでしょう。この場合、就寝時刻が遅くなる分だけ、起床時刻も遅くするようにしてください。たとえ、夜更かしをするとしても、「自分にとって必要な睡眠時間」は確保することが大切なのです。

栄養バランスの整った食事を摂る

旅行の際でも、栄養バランスの整った食事を摂るようにしてください。やはり、旅行の際の食事は、栄養バランスが偏りがちですので、注意が必要です。
食事の際には、「炭水化物・たんぱく質・野菜などが摂れているか」ということを意識するようにしてください。
また、過度な飲酒も、熱中症の原因になってしまいます。もちろん、「飲酒が旅の楽しみである」という人も多いでしょうが、熱中症にならないためにも、暴飲はしないようにしてください。

「室内の観光名所」を重点的に巡る

「どうしても行きたい観光名所」には、確実に行くことになるはずです。たとえ、そこが屋外の観光名所だとしても、炎天下の中で巡ることになるでしょう。
ただ、旅行をするにあたって、「どこに行こうか迷うこと」ってありますよね。例えば、行こうと思った観光名所を巡り終えたものの、時間が余ることがあります。この場合、ガイドブックを見て「どこに行こうかな~」と悩んだりしますよね。
このようなときは、できるだけ「室内の観光名所」に行くようにしてください。やはり、室内の観光名所であれば、熱中症のリスクが下がりますからね。
また、「どうしても行きたい観光名所」が屋外である場合、午前中や夕方に行くことをオススメします。午前中や夕方であれば、やはり熱中症のリスクは下がるものですよ。

天気予報を調べる

旅行に行く際には、事前に天気予報を調べるようにしてください。やはり、事前に天気予報を調べれば、気温などを把握した状態で旅行をすることができます。
例えば、「今日は気温が高まるから、特に熱中症に気をつけよう」などと心がけることができるわけです。
居住地と旅行先って、意外と天気予報が違うことがありますよ。特に、南方へ旅行をするときは、注意が必要です。例えば、東北が居住地の人が九州旅行をする場合、「旅行先(九州)は居住地よりもかなり暑い」という可能性もあるのです。いずれにせよ、旅行に行く前には、必ず天気予報を調べるようにしてください。

日頃から身体を鍛えておく

身体が丈夫であれば、それだけ熱中症になるリスクを低めることができます。そのため、「日頃から身体を鍛えておく」ということも、夏旅行で熱中症にならないためには重要でしょう。
例えば、定期的に運動をしてみてはどうでしょうか。やはり、定期的に運動をすれば、身体は丈夫になります。また、普段から食事などに気を遣うなど、健康を意識した生活をすることも大切だと言えるでしょう。 

まとめ

夏旅行は、炎天下の中で観光することになるため、熱中症になりやすいです。従って、夏旅行をする際には、熱中症にならないように注意すべきでしょう。
この記事では、そんな熱中症にならないように注意すべきことについて、提案いたしました。ぜひ、夏に旅行に行く前には、この記事を参考にして、確実に熱中症にならないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

世界のマクドナルドおもしろメニュー

世界中のマクドナルドがあるが、日本に照り焼きマックバーガーがあるように、各国、各地域においてロー

記事を読む

世界の一風変わった経験を売る旅行会社

世界には一風変わった経験を売る旅行会社が多く存在する。 そこで世界ではどんな経験ができるのかを

記事を読む

no image

電車の指定席券(紙キップ)はペーパーレスがいい? ペーパーレスだとメリットがたくさん!

指定席券(紙キップ)をペーパレス化している鉄道会社が、増えてきています。 いわゆる、「ネットで指定

記事を読む

NASA製品を探す

カタログやネットで商品を選んでいると「NASAが開発」とか、「NASAで使われていた」とか N

記事を読む

ステータスマッチ:ゴールド会員を他の会社に移動する裏技

航空会社のマイルを貯めている方も多くいると思いますが、ひとつの会社の上級会員になった後に他の航空

記事を読む

ホテルでの朝風呂のススメ せっかくホテルに宿泊するのだから、朝風呂に入ってみよう!

ホテルで宿泊するのなら、起床後は朝風呂に入ってみてはどうでしょうか。 私は、ホテルを利用する際

記事を読む

北朝鮮の生活はどうなっているの?

北朝鮮の情報というと、日本で入る情報というのはメディアのフィルターがかかっていていることが多く、

記事を読む

世界で聴ける短波放送

太平洋の離島にいくとネットがうまくつながらない島があったりする。 こんなときにニュースを収集す

記事を読む

ホテル選びの際に重視すべきポイント11選 1年に何度も宿泊する、私流のホテル選び重要項目

私は、旅行が大好きで、1年に何度もホテルを利用します。 そんな中で、「ホテル選びの際には重視す

記事を読む

世界のバケーションのお話

日本では夏休みは1週間や2週間取る人が多いと思うが、世界の人達はどんな夏休みを過ごしているのだろ

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に

暮らすように楽しむシェムリアップ

暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシ

魅惑の中東イスラエルの国情報や有名な観光地、旅のTIPSをご紹介

魅惑の中東イスラエル旅行 イスラエルに旅行なんて治安は大丈夫?と

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。

行く先々で感動を与えてくれる国イランの魅力を解剖!

イランの魅力を解剖! 制限が多くて旅行が大変そう!なんか怖い!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑