ホテルでの朝風呂のススメ せっかくホテルに宿泊するのだから、朝風呂に入ってみよう!

公開日: : その他 旅行・海外に関する話


ホテルで宿泊するのなら、起床後は朝風呂に入ってみてはどうでしょうか。
私は、ホテルを利用する際は、ほぼ毎回、朝風呂に入っていますよ。
普段、あまり朝風呂に入らないからこそ、優雅な時間を過ごすことができるでしょう。

ホテルの朝は辛いもの…

ホテルと自宅は睡眠環境が異なるため、ホテルで寝ると、睡眠が浅くなりがちです。
そのため、ホテルでの目覚めは、悪いことが多いものですよ。「あぁもっと寝ていたい…」といった感じにですね。
とは言え、チェックアウト時刻が迫っているため、いつまでも眠ることはできません。また、せっかく旅行に来ているわけですから、早起きをして、たくさん観光をしたいですよね。
従って、ホテルの朝は辛いものではありますが、早くに起床をしなければいけないのです。

「朝風呂」という楽しみがあると、スッキリ起きられる

人間というものは、「起床直後の楽しみ」があると、スッキリと起きられるものでしょう。
例えば、起床直後の時間に、楽しいテレビ番組が放送していたら、絶対に起きてしまいますよね。
やはり、スッキリと起きるためには、「起床直後の楽しみ」を作ることが大切でしょう。
「朝風呂」は、「起床直後の楽しみ」になるのではないでしょうか。
やはり、「風呂にゆっくり浸かること」は、とても楽しいことですよね。
ぜひ、ホテルで宿泊をするのなら、「起床直後の楽しみ」として、朝風呂に入ることを考えてみてください。
きっと、「朝風呂に入ること」が楽しみとなり、スッキリと起きることができるはずです。

起床したら、まずはバスタブにお湯を張ろう

ホテルで起床をしたら、ベッドの上でグズグズとしていてはいけません。
そんなことをしていては、時間は無駄に流れてしまいます。
ホテルで起床をしたら、まずはバスタブにお湯を張りに行きましょう。
「バスタブにお湯を張りに行く」ということは、ベッドから立ち上がり、数歩動くということですよね。
この、「ベッドから立ち上がり数歩動く」という行為は、目覚めにつながるものですよ。
つまり、起床直後の朝風呂の準備は、自然な目覚めへとつながるのです。

バスタブのお湯が適量になるまでは10分程度…

だいたい、風呂のお湯が適量(肩が浸かるくらい)になるまでは、10分程度といったところでしょうか。
もちろん、水圧が強い場合は、もっと早いかもしれません。
ちなみに、最近では、5分程度でお湯が適量になることも、珍しくないですよ。
せっかく、朝風呂に入るわけですから、好みの水温のお湯に浸かりたいですよね。
そのためには、バスタブにお湯を張ったら、すぐに入浴することが肝心になってきます。
ぜひ、「バスタブのお湯が適量になるまでの時間」を考えて、すぐに入浴できるように、お湯を張るようにしてください。

その間に、すべきこと(歯磨きなど)をするといい

「バスタブのお湯が適量になるまで10分程度」と、先述いたしました。
つまり、朝風呂に入る場合、お湯が張り終わるまでの10分程度は、暇な時間となるわけです。せっかく、暇な時間ができるのですから、「すべきこと」を実行してみてはどうでしょうか。
私は、バスタブにお湯が張り終わるまでの時間には、歯磨きをしています。
それでも時間が余った場合には、観光ブックなどを見て、旅行計画を立てています。
このように、暇な時間を有効活用することができれば、より充実した旅行へとつながることでしょう。

ホテルの客室なら、朝風呂に入っても追加料金は不要

家で朝風呂に入ろうとすると、その分のガス代など、費用が発生してしまいます。
やはり、費用が発生してしまうわけですから、「自分1人のために朝風呂を入れること」は、なかなかできないでしょう。
一方で、ホテルの客室であれば、朝風呂を入れるとしても、追加料金が発生することはありません。
つまり、「夜のみ風呂を入れる」「夜と朝に風呂を入れる」と、どちらにしても、同じ料金で宿泊することができるのです。
だからこそ、ホテルでの起床後くらいは朝風呂を楽しむべきだと、私は考えるのです。

朝風呂に入ると、午前中は優越感を感じられる!?

風呂に入った直後は、体が軽い感じがして、優越感を感じることができますよね。
もちろん、朝風呂に入れば、その後は優越感を感じることができるでしょう。
私の場合、朝風呂に入ると、午前中いっぱいは優越感を感じることができますね。
特に、足が軽い感じがして、快適に歩けるような気がします。
もちろん、体全体も軽くなるため、身軽な感覚で、2日目午前の観光を楽しむことができますよ。

もちろん、冬であれば、午前中の体はポカポカ!

風呂に入れば、体はポカポカと温まりますよね。
もちろん、朝風呂に入れば、その後は体がポカポカするものです。
あくまでも私の場合ですが、朝風呂に入った場合、冬だと2時間程度は体のポカポカが持続するような気がします。
そして、体がポカポカしているときは、寒い中でも快適に観光ができていると感じるのです。
このように、「体がポカポカする」という点も、朝風呂のメリットだと言うことができるでしょう。

寝癖を直すことができる

朝風呂に入れば、寝癖を直すこともできますね。
やはり、せっかく旅行をしているわけですから、しっかりと寝癖を直してから、2日目の観光を楽しみたいものです。
確かに、シャワーを浴びるだけでも、寝癖を直すことはできるんですけどね。
しかし、せっかくホテルに泊まるわけですから、朝風呂を楽しみつつ、寝癖も直してもらいたいものです。
ちなみに、カミソリでヒゲを剃る場合も、朝風呂は最適だと言えますよ。朝風呂に入れば、ヒゲが柔らかくなりますからね。
そのため、簡単にヒゲを剃ることができるはずです。

大浴場があるのなら、朝に利用すると最高!?

もし、ホテルに大浴場があるのなら、朝に利用してみてもいいでしょう。
言うまでもなく、大浴場に入浴したほうが、爽快感を感じることができますよね。
朝から大浴場に入れる機会はあまりないため、最高な気分になることができるはずです。
ちなみに私は、朝に大浴場に入りたいために、あえて大浴場のあるホテルを予約することがありますよ。
普段ですと、朝から銭湯に行かなければ、「朝の大浴場」は経験できません。
しかし、大浴場のあるホテルに宿泊をすれば、それを簡単に実現させられるわけです。ぜひ、朝の大浴場に入浴して、爽快感な気分で1日をスタートさせてください。

ただし、夜にもちゃんと風呂に入ろう!

この記事で紹介したように、ホテルで朝風呂に入れば、様々な恩恵を受けることができます。
しかし、朝風呂に入るとしても、夜にも風呂に入るようにしてください。
よく、「朝風呂に入るから、夜は風呂に入らず寝る」という人がいるものです。
しかし、夜に風呂に入らないと、快適に眠れないのではないでしょうか。
観光をした日というのは、たくさんの汗をかいているものです。
また、ホテルと自宅は睡眠環境が異なるため、睡眠は浅くなりがちです。
だからこそ、夜にも風呂に入り、体を清潔にして、快適に眠るべきなのです。

まとめ

ホテルで起床した後は、朝風呂に入ることをオススメします。
やはり、朝風呂に入れば、様々な恩恵を受けられるものですよ。
自宅では、なかなか朝風呂に入ることができませんからね。
だからこそ、ホテルでは朝風呂に入って、贅沢な旅行にしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

世界のリムジンのお話

リムジンというとお金持ちが乗るものと相場が決まっているが世界にはユニークなリムジンがいくつも存在

記事を読む

ミクロネーションという言葉をご存知ですか?

ミクロネーションという言葉を聞いてもピンと来る人は少ないのではないでしょうか? ミクロネーショ

記事を読む

インバウンドに関する一考~外国のお客様をお迎えするにあたって

3年前に、総勢8名で、諏訪湖、上高地、飛騨高山、白川郷、松本、というルートで旅行に行きました。

記事を読む

界のインターネットオークションで見つけた面白いもの

日本のインターネットオークションでも面白いものが売っていますが、世界のインターネットには面白いも

記事を読む

世界で聴ける短波放送

太平洋の離島にいくとネットがうまくつながらない島があったりする。 こんなときにニュースを収集す

記事を読む

これを聴けば心は旅人気分!旅に出たくなる洋楽3選

旅に出る気分を高めてくれるもの。人によっていろいろですが、音楽がまさにそれ!という人も多いのでは

記事を読む

世界の一風変わった経験を売る旅行会社

世界には一風変わった経験を売る旅行会社が多く存在する。 そこで世界ではどんな経験ができるのかを

記事を読む

no image

電車の指定席券(紙キップ)はペーパーレスがいい? ペーパーレスだとメリットがたくさん!

指定席券(紙キップ)をペーパレス化している鉄道会社が、増えてきています。 いわゆる、「ネットで指定

記事を読む

世界で流行るタイニーハウス

世界でTiny Houseと言われる小さな家が流行っている。 これはアメリカを中心に流行ってい

記事を読む

旅行計画を細かく立てないほうがいい理由 曖昧な計画のほうが、楽しい旅行につながる!

旅行計画を細かく立ててしまうと、せっかくの旅行が追い込まれたものになってしまいます。 やはり、

記事を読む

【ミャンマー】もうすぐ世界遺産認定?今行くべきバガン

ミャンマーの首都はネピドー、経済的な首都はヤンゴンですが、日本人に

暮らすように楽しむシェムリアップ

暮東南アジアというと治安が悪いイメージがありますが、カンボジアのシ

魅惑の中東イスラエルの国情報や有名な観光地、旅のTIPSをご紹介

魅惑の中東イスラエル旅行 イスラエルに旅行なんて治安は大丈夫?と

【カンボジア女子旅】シェムリアップはお買い物天国

世界中から観光客が押し寄せるシェムリアップはショッピング天国です。

行く先々で感動を与えてくれる国イランの魅力を解剖!

イランの魅力を解剖! 制限が多くて旅行が大変そう!なんか怖い!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑